このコーナーでは、新旧含めて愛車をご紹介します。

〜 歴 代 車 種 〜


車  名
AXELA
エンジン
P5−VPS(1,500cc)自然吸気
メーカー
MAZDA
駆動方式
FF
販売時期
2013年〜
変 速 機
6MT
一時期不振にあえいでいたマツダが「SkyActiveテクノロジー」と「鼓動」デザインにより再生を遂げました。 この時期では珍しいファミリーカーへの6速マニュアルの設定、鼓動デザインによる特徴的なデザインが非常に良く、初めてトヨタ自動車以外のオーナーになりましたよ。 エンジンは1,500ccで非力ですが、「人馬一体」というコンセプト通り、走るのが楽しくなる逸品です。


車  名
WiLL VS
エンジン
2ZZ−GE(1,800cc)自然吸気
メーカー
TOYOTA
駆動方式
FF
販売時期
2001年〜2004年
変 速 機
6MT
特徴的なのはそのデザインですよね。 当HPのタイトルにもなっているF−117NightHawk(ステルス戦闘機)がモチーフとなっています。 製造はトヨタ自動車でしたが、ブランド名は異業種合同プロジェクトである「WiLL」でした。 この特徴的なデザインと6速マニュアルが特に気に入っており、錆びてなかったらまだまだ乗り続けたかったな〜^^


車  名
コロナEXIV
エンジン
3S−GE(2,000cc)自然吸気
メーカー
TOYOTA
駆動方式
4WD
販売時期
1993年〜1998年
変 速 機
5MT
結婚を契機に、MR−2からSPACIOに乗り換えたのですが、フニャフニャサスペンションとオートマに我慢できず、1年半で買い替えを決意・・・>_< さすがにお金がなかったので中古車を探し千葉県まで行って手に入れたんですよ。 この車種にしては珍しい4輪駆動(セリカGT4と同じ機構です)に5速マニュアル、更にスポーツエンジンの3S−GEの組み合わせですが、エンジンのフケも良く高速カーブなど非常に安定性が高い機体でした。


車  名
スパシオ
エンジン
4A−FE(1,600cc)自然吸気
メーカー
TOYOTA
駆動方式
FF
販売時期
1997年〜2001年
変 速 機
4AT
結婚後MR−2から本機体に乗り換えました。 管理人初のオートマ車です。 車内空間が広く、乗車位置も高いため、乗り降りのしやすさ、荷物の収容など実用面ではかなりの好評価でした。 その一方MR−2からの乗り換えだったため、あまりにも走りに対するギャップが激しすぎたこと、オートマに馴染めなかったことから1年半という短命に終わってしまいました。 本当にかわいそうな車でしたm(_ _)m


車  名
カローラU
エンジン
3A−SU(1,500cc)自然吸気
メーカー
TOYOTA
駆動方式
FF
販売時期
1982年〜1986年
変 速 機
5MT
MR−2と並行して乗っていた車です。 当初「免許を取り立ての家族のため」という名目で手に入れた、車検切れの只の車輌です^^; 車検を通し、いじり倒して、家族皆でぶつけて最後はボロボロになってしまった・・・ しかしながらサイズもコンパクトであり、エンジンもよく廻るエンジンで、しかもマニュアルということで、初心者には丁度良い機体でありました。


車  名
MR−2
エンジン
3S−GTE(2,000cc)過給機
メーカー
TOYOTA
駆動方式
MR
販売時期
1989年〜1999年
変 速 機
5MT
実は購入時に欲しかったのはリトラクタブルライトの最終型セリカGT4だったのですが、生産が終了し在庫もなかったことから、同エンジンを積んだMR−2を選択しました。 ミッドシップ、2人乗り、ターボ車など管理人にとっては初めてづくしの機体でありました。 この機体で富士スピードウェイも走っていたんですよ〜^^ 管理人の所有した中では最も印象深く、気に入った機体です。 宝くじ当ったら絶対に買い直します!!


車  名
セリカ
エンジン
4A−GE(1,600cc)自然吸気
メーカー
TOYOTA
駆動方式
FR
販売時期
1981年〜1985年
変 速 機
5MT
大学生時代にバイトしたお金で購入した車(35万円)。 この時代のセリカにはAE86と同じ4A−GEエンジンを積んだセリカもありました。 横須賀連合メンバーが所有していたカリーナ、コロナクーペも4A−GEエンジンを使用しており、4A−GEエンジン3兄弟と呼ばれていました。 マフラーは触媒なし、車高を落とし、お下品仕様となっておりました。 管理人の歴代車の中でも一番のお下劣車、でも一方一番楽しい機体でありました。




〜 番 外 編 〜


車  名
シエンタ
エンジン
1NZ-FXE(1,500cc)ハイブリット
メーカー
TOYOTA
駆動方式
FF
販売時期
2015年〜
変 速 機
ECVT
実家で購入した機体です。 家族含めて初めてのハイブリット車なんですっ! 初代シエンタはファミリー層、特に子供の送り迎えをするお母さんをターゲットにしたと言われますが、2代目となるシエンタはデザインを一新し、さらにハイブリットシステムを適用することで、より広い層へと受け入れられるようなったそうです。 実測燃費は一般道路で約19km/l。 特にデザインが優れており、年齢層を選ばないアグレッシブな形状がいいですよね〜。