横須賀市
相模原市
秦野市
厚木市
大和市
葉山町



神奈川県横浜市、川崎市以外
横須賀市


三和


角煮ラーメン

チャーシューメン

ネギ角煮ラーメン

ポテトサラダ

角煮セットの全容

ネギラーメン

お手製おじや

角煮ラーメン
(中盛)

餃子

つけ麺
チャーシュー追加

食べ終わった
角煮ラーメン

餃子(残り一個)

トンコツ醤油

管理人はここのラーメンを食べて育った(横に)といっても過言ではないくらい行っています。 管理人が中学生のときからなので、 もう20数年通っています。管理人的には日本一のラーメン屋です。 角煮が絶品! お勧めは角煮セット(角煮ラーメン+ご飯+ポテトサラダ+ゆで卵)!  20数年前にラーメンに角煮をトッピングした店はそうはないと思います。 角煮元祖に近いかも!スープは濃厚なんだけど心なしかあっさりしているような不思議な豚骨スープ。  これにオリジナルの醤油ダレが最高にマッチします。 麺は地元の製麺屋さんの「増田屋」さんの麺。 中太のストレート麺(ほんの少しだけちぢれてる)です。  この麺は非常にまいうーで、ここのスープと本当によく合います。 通常のラーメンを注文すると、チャーシュー1枚と海苔2,3枚、シナチク、ほうれん草と家系ラーメン屋の超スタンダードです。  あと餃子は少し変わっています。 少し甘みがあります。 何回か食すると完璧にやみつきになります。 あとラーメン屋には珍しいポテトサラダ。 これにソースをたらして食するとご飯何杯でもいけます。  ポテトサラダの食し方はここの奥さんに教えてもらいました。

<2007.09.16>
久々に三和にやってまいりました。 今日もやっぱり「角煮ラーメンセット」をご注文。 かなり久々に行きましたが味は昔のままです。 好き嫌いはありましょうが、間違いなく管理人にとっては ここのラーメンが銀河一美味いラーメンです。 一口一口食するごとに幸福感が湧き出てきます。 久々だったにも関わらず、店の大将も奥さんも管理人を覚えてくれていて、しばらく談笑しておりました。  大将は管理人同様少し髪が薄くなったような気がしますが、奥さんは全然変わっていません。 余談ですが、大将の弟さんは有名なプロレスラーだったんです。顔もそっくり。。。  けど、どうしても名前が思い出せない・・・

<2007.10.07>
また来てしまいました。 今日はネギ角煮ラーメン、チャーシューメンをご注文。 ネギ角煮の「ネギ」は、豆板醤とネギを混ぜてあり、ちょっとピリカラになります。  豆板醤の味とトンコツスープの味が交わって更に奥深い味になります。 またチャーシューメンのチャーシュは、柔らかい中にも確かな歯ごたえのある、お薦めの一品です。  肉と脂部分の配分も申し分なしです。 そうそう、前回忘れておりましたが、ここの大将はプロレスの「前田 日明」のお兄さんでした。

<2011.09.17>
今日は、走水で釣りをした帰りにやってきました。 実は北久里浜に新しくできたラーメン屋に行こうとしていたのですが、場所がうる覚えだったために結局たどり着けず・・・  ということで管理人のラーメンの原点「三和」にやってきた次第です。 ご来店は13:50頃。 ちょうど我々が入店したときは席が空いていたのですが、座ってほどなくほぼ満席となりました。  行列まではいきませんが、相変わらずの人気ぶりです。

今日行ってみたら、多分息子さんだと思うのですが、一緒に厨房に入っていました。 管理人が高校、大学の頃にすんごい小さかったあの坊やが立派になっていました。 しかも大将とクリソツ・・・ププッ。  きっとゆくゆくはお店を継ぐんでしょうかね。 ちゃんと今からしっかりハートやスキルを学んでほしいと思います。

さてさて、今日はなにやら腹が結構減っています。 ということで二人ともセットをご注文です。 「岡」氏はネギ角煮ラーメンセット、管理人は角煮ラーメンセットです。 前述しましたが、セットにすると、 ご飯(大盛!?)+ポテトサラダ+ゆで卵が付きます。 かなりのボリュームです。 一口スープを頂くと・・・ 懐かしのあの味です。 全然変わってません!! もう最高!! そしてポテトサラダも世界で一番まいう〜な ポテトサラダです。 いつもはポテサラにソースをかけるのですが、今回すっかりわすれていました。 残念!! 大将はまだ管理人のことを覚えてくれていたようで、帰りの際も振り返って「ご馳走様!」と管理人が言うと、 キュピーン!とやってくれました。 そうそう、今日多分サービスしてくれたと思うんですが、のり5枚入っていました。(通常は3枚) また来ます〜!

<2011.11.20>
今日も走水での釣行の帰りに寄りました。 今日は「岡」氏「飯」氏「増」氏の3名でご来店です。 実は「飯」氏はこのお店に来るのは初めてです。 是非セットを注文してポテトサラダを堪能して頂きたいと思います。  実は今日はまだ当HPに掲載していないメニューがあったのをすっかり忘れており、そのまま放置しておりました。 よくよく見てみると「飯」氏がご注文した「ネギラーメン」はまだ載せてなかったですね。

今日は釣りの帰りなのですが、現在の時刻は15:00。 昼も食わずに釣りをしていたので、もう3人共空腹200万%です。 ということで腹が減ったときはセットメニューですよね! 「岡」氏はネギ角煮ラーメンセット、 「飯」氏はネギラーメンセット、「増」氏は角煮ラーメンセットをご注文です。 はふ〜。 腹が減っているから余裕で食せると思ったのですが、やはり超満腹に・・・ 齢と共に1回に食べられるキャパシティが減少しています。 

<2013.11.24>
今日は実家に帰省だったので、久々に「とんこつ三和」に帰って参りました! ↑を見ますと2年前のご来店の記事が書いてありますが、その間もう1回位は釣りの帰りにご来店していると思います。 まぁそれでも1年ぶり位のご来店だと思います。  色々横浜家系豚骨ラーメンを食しますが、ここに勝てる豚骨ラーメンはありません! 今日は久々ということもあって「角煮セット」を行ってしまいました。 最近は少し小食になってきたので、サイドメニューなどをご注文することはまずないのですが、 今日は久々に行ってしまいました。 セットメニューは、サザエさんようなご飯が1杯と、ポテトサラダとゆで卵がついています。 あと今日ちょっと思ったのが、麺の量が少し増えているような気がしました。 大将がサービスしてくれたのかな。  それとも最近近くに高校ができたので、学生さんにも受けるように良を増やしたのか。 いづれにしてもうれしいことです^^

今日も豚骨ラーメンの味は格別です! 以前から全然味が変わってませんよ。 色々豚骨ラーメンの店はありますが、ここのスープの味の店は1軒もお目にかかったことはありませんね。 三和オリジナルのスープの味です。 高校生の頃から通っているせいか、 ここの味が管理人のベースになっています。 いつ食しても安心する味です。 でもちょっと麺の硬さがゆるくなったかな。 もう少し硬めでも良いかもしれません。 いつもだと、同じメニューの場合はHPのアップはしないのですが、今日はどうしても ご紹介したいメニューがっ! メニューというか、いつもお手製で作っている「おじや」です。 大体ご飯などがサービスでついているときは、ご飯を半分位残しておいて、ラーメンのスープをかけておじやにするのですが、今日もバッチリお手製おじやを作成 いたしました! 今日は角煮ラーメンをご注文しているので、ご飯の上にのり×1と角煮×1をOn The Riceして上からスープを回しかけます。 いやいややはりこのスープはおじやにピタ〜リですよ。 しかも今回は角煮もありますからねっ!  いつものおじやとは一段上のレベルになりました! 今度はネギ&チャーシューでおじやしてみようっと。

<2015.07.04>
久々に心のオアシスの三和にやって参りました。 最近北久里浜周辺は新しいラーメン屋がよくできるので、新しい店ばかり行って、三和さんにお邪魔することができませんでした。 まだ行ってみたい新しい店もあるのですが、そろそろ 三和の豚骨を食さないといけません!! 今日は11:30頃にご来店です。 先客は3名のみでしたが、ものの10分経ったら満席に。 相変わらずの人気ですね。 さて、メニューを見ると、なななんと! 「つけめん」の文字が!  ついに三和さんでもつけめんを初めたのですね! かなり興味深いですが、今日は久々のご来店なので、普通のラーメンのほうをご注文したいと思います。 あと冷やし中華の文字もありました。 冷やし中華は以前から夏になると期間限定で 追加されるメニューです。 最初は大将と息子さんの2人で切り盛りしていましたが、少し経ったら女将さんも出てこられました。 大将も女将さんも元気そうで何よりです。 あと息子さんも管理人が横須賀に住んでいるときはまだかわいい 子供でしたが、もうすっかり立派になっています。 2代目大将として頑張ってもらいたいと思います!

さて、本日は管理人は、角煮ラーメンの中盛をご注文。 将軍は普通のラーメンと餃子をご注文です。 ご注文から7〜8分でラーメンが配膳されました。 あれれ。。。 なんだか見た目がいつもと違うような・・・  そうだ、麺がスープより盛り上がっていますよ。。。 以前の写真を見ますと、ちゃんと麺はスープの下側に沈んでいます。 たまたま麺が上に浮いているだけかと思い、麺をリフトアップさせたのですが、下の方まで麺が詰まっています。  どうやら麺がかなり増量されているようです。 これは管理人のご注文が中盛だからではなく、将軍がご注文した普通のラーメンも同じ状態になっていました。 これは久々に管理人がご来店したからサービスしてくれたのか。。。 あるいは 全部のメニューで麺の量を増加させたのか・・・ 今日はテーブル席に座ったので、他の人のラーメンが見えず、確認することができませんでした。 次回確認してみたいと思います。 まずはスープを一口頂きます・・・ うん、美味いことは 美味いのですが、ただ少しコクというか豚骨の濃さというか、減ったような感じが・・・ もう少ししっかりダシが出ていたような気がするのですが。。。 あと麺が少し柔らかめな気もしますね。 う〜ん、ちょっと以前の感じと違うような 気がしますよ。 なぜだろう・・・ 将軍は相変わらずまいう〜とバグバグ食していたので、もしかしたら管理人の舌がバカになっていたのかもしれません。 もう1回次回チャレンジしてみたいと思います。 でも角煮は相変わらずの 美味さでしたよ!

あと今日は初登場の餃子をご紹介しましょう! 餃子は5つで400円ですが、この餃子は結構1つ1つが大きいんです。 5つ食べたらもうお腹いっぱいになってしまいますよ。 そしてお味が独特なんです。 ここの餃子は他では 食したことのない味なんです。 少し甘味がかているというか、どんな食材や調味料を使用したらこの味になるのだろう・・・ 中の餡は非常にジューシーで肉汁もタプ〜リでてきますよ。 これは本当にまいう〜。 ラーメンが苦手な 方でも、ご飯と餃子とポテトサラダをご注文すれば、ちゃんとした食事になりますよ。 こちらの餃子! 是非お試しください!!

<2015.08.01>
本日はあまり日を空けずにご来店しました。 今日は釣りをした帰りだったのですが、いつもはそのまま昼食は食さずに帰るのですが、今日はあまりの不釣で12時過ぎにあがったので、横須賀で食事をして 帰ることにしました。 いつもですと、新メニューを食したときにHPの更新をするのですが、今日は新メニュー無での更新となります。 何故かと言いますと、実は前回ご来店したときに、味が落ちている ような気がして、それが本当なのか、たまたま管理人の舌がバカになっていたのか、それを確かめに来た次第。 今日は「岡」氏もいるので、ちょっと2人の舌で吟味したいと思います。

確かめると言いながら、前回発見した「つけ麺」を食そうか、最後まで迷っていましたが、やはり前回疑問を感じた「角煮ラーメン」をご注文することにしました。 「岡」氏は「ネギ角煮ラーメン」です。  2人共、昔はラーメンセットを食していましたが、もうそんなに食えないね^^; さてご注文から5分でラーメンが到着しました。 まずはスープを一口・・・ んまい〜〜〜! 「岡」氏も「うまいじゃん!」・・・  やっぱり前回は管理人の舌がバカになっていたようです。 大将、女将さん誠に申し訳ありませんでした。 さあ日本国民よ! こぞって三和のラーメンを食べるがよい〜〜〜!

<2015.09.05>
今日も走水での釣りの帰りにやってきました。 今日は朝に爆釣してすっかり気持ちが満ち足りていたため、いつもより大分早めに納竿しました。 丁度12時に釣具をしまい昼ごはん時だったので、今日も横須賀で 昼飯を頂くことにしました。 前回は管理人の心のオアシス「豚骨三和」に行きましたが、その時ニューメニューを見つけたんですよね〜。 ということで今日も三和に行って昼食を頂くことにしました。

昼時の12時50頃に店に着きましたが、今日はそんなに混雑しておりませんでした。 丁度テーブルが空いていたので着席。 「岡」氏はお気に入りの「ネギ角煮」、そして管理人は新メニューの 「つけ麺」にチャーシューをトッピングしました。 つけ麺は麺を〆たりするため、少し遅れて到着しました。 一見しますと、普通にいつものラーメンの汁と麺が分かれているだけの感じ。  まずはつけ汁を一口。。。 うん! これはまいう〜! 普通のラーメンとはスープの味が異なります。 豚骨醤油のつけ汁ですが、恐らく少しだけお酢が入っているのではないでしょうか。  ただし「すっぱっ!」ってなるような感じではなく、豚骨の濃厚さを程よくさっぱりとさせる程度。 これがすっぱ過ぎると、あまり美味くないですが、この位だと酸っぱいのが苦手な方でも非常にまいう〜に頂けると 思います。 今回チャーシューをトッピングしてみましたが、つけ汁の中にはチャーシューのほぐしたものが入っているので、チャーシューはトッピングしなくても大丈夫だと思います。 一方の麺のほうは普通の ラーメンと同じですね。 いつものラーメンも最高にまいう〜ですが、このつけ麺も結構まいう〜ですよ。 ただ少し残念なのは、ちょっとつけ汁がぬるくなってしまうことでしょうか。 元々管理人は猫舌なので、 あまり熱すぎるラーメンは食せないのですが、今回のつけ汁は途中で冷たくなってしまい、表面に脂分が少し浮いている状態になってしまいました。 これはつけ麺の宿命ではありますが、配膳直後のつけ汁をもう 少し熱くしておいたほうが良いのではないかと思いました。

<2016.09.18>
本日は久々に管理人が世界で一番まいう〜だと思っている「三和」のご紹介です。 当HPでの更新は頻繁ではないですが、最近は釣りの帰りに「岡」氏とよく来ておりました。 今日は釣りの帰りではないですが、 9月のシルバーウィークは横須賀に詰めっぱなしだったので、そのうちの1日に「三和」に寄らせてもらいました。 今日も横須賀の病院の帰りです。 もう時刻は21時近く。 まだやってるかな〜と行ってみると、 まだ電気がついていました。 後で調べてみると営業時間は11:00〜22:00までとのこと。 そういや〜最近夜にご来店することなんてなかったからね〜^^;

今日は妹と2人でご来店しました。 管理人は割と頻繁に三和のラーメンを食していますが、妹はもう1年以上ぶりなんだそうですよ。 昔は家族でよく食べにきたものですけどね〜。 ということで今日は 2人共「角煮ラーメン」をご注文しました。 あと餃子も1皿ご注文〜。 ついでに家に帰ってから食べるように、持ち帰りで餃子を更にもう1枚追加しました。 ご注文から約5分でラーメンが到着〜。  今日は久々に角煮ラーメンをカメラで激写してやろうとテーブルの上にカメラを用意していたのですが、角煮ラーメンが来た嬉しさですっかり写真を撮るのを忘れてしまい、恒例の食べかけ・・・ というか食べ終わりの 写真になってしまいました。 餃子はかろうじて1つ残っていたので、なんとか「食べかけ」の称号を与えることができました。 角煮ラーメンは相変わらずまいう〜です。 餃子は結構久々にご注文したのですが、 こちらも味は全く変わらず超まいう〜ですよ。 一つ一つの餃子大きくて5個入っています。 なんてボリューミーなんでしょう〜。 店では妹が餃子2個、管理人は3個食しましたが、この後、持ち帰り餃子も実家で 1人で食したので、管理人は1人で8個も食べた計算になります。 しかも実家ではビールも飲んじゃったし・・・ 今日は2億キロカロリー摂取してしまいました>_< 翌日までゲップがニンニク臭かったです^^;

神奈川県横須賀市根岸町4-19-22

長谷川家

チャーシューメン

ライス

餃子

ワンタン
チャーシューメン

トンコツ醤油

<頻繁>
管理人は三和と同様ここのラーメンを食べて育った(横に)といっても過言ではないくらい行っています。 こちらも管理人が中学生のときからなので20数年。 ここは三和のとんこつより更に歴史が古いです。 当時トンコツ醤油と いうジャンルのラーメンは見たこともありませんでした。 当時のラーメンといえば、チェーン店の「サッポロラーメン」、町の定食屋のラーメンくらいしか食ったことありませんでしたが、最初にここのラーメンを食したときは正直背中に 電気が走るくらい衝撃を受けたのを覚えています。 ここの麺も地元の「増田屋」さんの中太ストレート麺。 スープは脂多めで醤油の味が際立つようなコンコツ醤油。(吉村屋に似てるかな・・・)ここはチャーシューが絶品です。  一見パサパサしてそうなんですが、食してみると非常にジューシーです。 しかもなんの味か分かりませんが、いい味がしみこんでいます。ライスを注文するとノリとチャーシュー一枚をトッピングしてくれます。 あとここの餃子は 一個がバカでかくかつ、非常にまいうーです。

<2010.03.20>
非常に久しぶりにご来店です。かれこれ5〜6年ぶりになるでしょうか。本日は横須賀海辺つり公園での釣りの最中にやって参りました。 このお店は管理人のラーメンマンの原点とも言うべきお店。 中学生の頃から通っていました。  風の便りによると、大将は亡くなってしまったそうです。 今、店を切り盛りしているのは、多分息子さんなんだと思います。 5〜6年前に来たときは、まだ手さばきがおぼつかなかったような気がしますが、今では手際もよく丁寧に ラーメンを作り続けています。 見事、大将の技を受け継ぎ、進化し続けていると思いました。

さてさて、本日は「岡」氏とご来店です。 ここに来ると、注文するメニューはいつも決まっています。 チャーシューメンとライスと餃子です。 注文してから10分位でラーメンが運ばれてきました。 相変わらず美味そうです。  一口スープを頂くと、昔懐かしいあの味がします。 最近よくあるトンコツ醤油とは少し違うんですよね。 もう少しまろやかさを除去して、脂と醤油ダレの味がストレートに伝わってくる感じ。 これはもう大変おいしゅうございます。  少し脂多めなので、女性には厳しいかもしれませんが、そういう方は脂抜きもできます。 もう今日のラーメンもパーフェクトにまいう〜でした! あとライスのほうですが、こちらは昔と少し変わっていました。 昔は、チャーシューが 一枚とのり一枚だったのですが、現在は写真のように、チャーシューをほぐしてあり、その上にのりが一枚乗っかっています。 けども非常にまいう〜です。 チャーシューのほぐしたものと御飯を楽しんだ後は、御飯にラーメンのスープを 入れて、おじやにして頂きます。 もうこれもまいう〜。 最後に餃子ですが、昔は4つだったのですが、今は5つ入りになっていました。 昔も餃子がでかかったですが、今もデカイです。 味も完璧管理人好みです。ボリューム満点の 「増」氏セットを完食です。 またすぐに来たいと思います。

<2013.01.27>
久々にやって参りました。 今日は実家に帰省する日だったので、久々に両親とご来店です。 この店が出来たのが管理人が中学生の頃ですが、その頃から家族4人でよくこのラーメン屋に来たものです。 実は少し前に実家に帰省した際も こちらのお店に来てみようと思って店の前まで来たのですが、その時は店内で待ち行列が出来ていたため別の店に行きました。 その時の記憶が残っていたため、今日は開店の11時ジャストに店にIN〜。 1番乗りをゲットしました!  でもほどなくお客さんが次々と入ってきてあっという間に待ち行列ができてしまいました。 相変わらずの人気ぶりです。 しかしご来店するお客さんの層がなんだかガラが悪いというかなんというか・・・ ちょっとチンピラのような 人種の方がほとんどを占めていたような気がします。 近くに組の事務所でもあるのでしょうか・・・

久々のご来店ということもあり、メニューをなめるように見まわしましたところ「ワンタン」の文字がっ! 昔はなかったメニューなので早速ご注文です。 今日は3人共チャーシューメンをご注文。 管理人はそれにワンタンを 追加トッピングでご注文しました。 今日は大将とおばちゃんが厨房に入っていましたが、このおばちゃんは前の大将の奥さんではありませんか! とても久々にお見かけしました。 昔からチャキチャキの江戸っ子のような小気味の 良い女将でしたが、さすがあれから30年も経ちますので、随分お年を召した感じがします。 でも相変わらず元気そうでしたので何よりでございます。 さて大将の丁寧な仕事を見ているうちに、あっという間にラーメンが 配膳されました。 いや〜美味そう! まずはスープを一口頂きます。。。 やっぱり最高ですね!! 味は全く衰えていません! そしてチャーシューも最高! この他の店にはない独特の風味が食欲をそそります。 このチャーシューをスープに 浸して海苔と一緒にご飯に巻いて食すると最高にまいう〜なんですよ〜。 もうたまらん! そして〜新たに遭遇したこのワンタンですが、このワンタンは注文と同時に、ワンタン自体を作って湯がいてくれていました。 肉の餡の部分は 肉メインで少しゴマ油の風味が効いており、なかなかの美味。 これが6個位入っていましたよ。 あ〜今日も本当にまいう〜でした。 ご馳走様でした。

神奈川県横須賀市根岸町1-52-10
きたくり屋

和風とんこつ
チャーシューメン

とんこつ
ネギチャーシュー

味噌チャーシューメン

餃子

トンコツ醤油
<2005.05.22>
久々に横須賀で新しいラーメン屋に行きました。醤油トンコツと、和風トンコツがあり、醤油トンコツはオーソドックスな横浜ラーメン。 和風のほうは鰹節の香りがとてもよいです。また実際に鰹節も上からふりかけられ、非常に美味しいです。

<2010.11.21>
↑のコメントの日付を見ると前回のご来店は5年前のようですね。 なかなか実家(地元)に帰って、わざわざラーメンを食べに行くなんてことは ないのですよね。 今日は走水に釣りに来てその帰りにご来店です。。 入店は13:30頃でしたが結構混んでいます。  満席で店内には行列が出来ており、約10分ほどで席に座ることができました。 かなりの人気店なんですね。

こちらのお店はカウンター席のみですが、席数は14〜15席あり結構広いです。 テーブルは黒で統一されており、なかなかおしゃれな感じもします。  店がオープンして5年以上経つと思いますが、店内はまだ綺麗で清潔感もあります。

今日は和風とんこつチャーシューメンにミニチャーシュー丼が付いたセットをご注文しました。 「岡」氏はネギチャーシュー。「飯」氏も和風とんこつラーメン をご注文です。 まずはミニチャーシュー丼が運ばれてきました。 一口チャーシューを頂くと、甘辛のタレに絡めてあり、少し甘いような感じがします。  漬物も豊富に乗っているのでこれだけでも充分に美味しく頂けます。 そうこうしているうちにラーメンが運ばれてきました。  今回はスープの味を濃い目で注文しましたが、管理人には濃い目がちょうどよかったようです。 こちらのスープはカツオダシがほんのり効いており、 和風な旨味がいい感じ。 しかも写真の通り、鰹節やニラが沢山ふりかけられているため、更に和風感を促進させています。  ちょっとかつおぶしとニラ多すぎではない!?とも思いましたが、結構スープと合っててまいう〜です!! ベースはトンコツだと思うのですが、 脂は控えめで割とあっさりしています。 かなりまいう〜なスープです。 これは最後にご飯にスープをかけてオジヤ攻撃は必至です! これに合わせる麺は中太麺のストレート。 茹ですぎ!?なのかこれが正常なのか、少し麺が柔らかかったですね。 これは麺固めで 注文したほうが良いかもしれません。 トッピングのチャーシューは少し薄めに切ってありますが、味が染みておりまいう〜です。  メニューを見ると、塩トンコツもあるようなので、今度はこちらを試してみたいと思います。

<2015.02.15>
久々にきたくり屋にご来店しました。 前回のご来店が、釣りの帰りに「岡」氏「飯」氏と来た以来なので、もう4年ぶりになります。 そろそろ食したいな〜と思ってはいたのですが、 最近はラーメンよりも魚料理の店に行くことのほうが多かったので、なかなか行けませんでした。 最近は毎週横須賀に帰省しているので、久々にご来店しておきました。

久々にメニューを見ますと、味噌ラーメンやつけ麺なども追加され、メニューが豊富になっておりました。 本日は家族関係5人で11時30分頃ご来店したのですが、すでに行列。。。  結構人気があるんですね。 お店は11時開店なのですが、普通のラーメン屋だったら行列が出来るのは12時過ぎ頃だと思うのですが、11時30分時点で2人待ちで、我々が並んで 程なく4〜5人の人が並んでいました。 その後も店に行列が収まりきらなくなり、ドアを開けてすぐに諦める人も出ていました。 やはりこの店は北久里浜駅から徒歩1分という ロケーションの良さに加え、なかなかまいう〜なお店なため、人気が高いようです。

今回のご注文メニューですが、久々のご来店だったということもあり、管理人は以前も食した和風トンコツチャーシューをご注文、その他のメンバーは塩トンコツ、味噌ラーメンなど 思い思いのメニューをご注文。 店が混んでいたため、5人並んで座ることができなかったため、今回は我が家の将軍がご注文した味噌ラーメンの写真を掲載しておきます。  さて、本日は4年ぶりということで再び和風トンコツをご注文しましたが、やはりまいう〜ですね〜。 前回もコメントしているように、鰹節やニラがトンコツスープにマッチします。  最初は何も調味料を加えずに食し、その後ゴマを入れたり、ニンニクを入れたりしましたが、色々な味が楽しめて非常に良い感じです。 ちなみに将軍がご注文した味噌ラーメンですが、 こちらは野菜がこんもり盛られており、ヘルシーな感じですよ。 スープの味見を忘れてしまったのですが、多分野菜の旨味が味噌とマッチしてまいう〜なんだろうな〜と想像します。  次回ご来店時は味噌ラーメンを食してコメントを書きたいと思います。

神奈川県横須賀市根岸町2-205 Tel.046-837-7999
吉田製麺所
横須賀店


店の外観

特製ラーメン

えびラーメン

豚骨魚介、鶏白湯、えびラーメン、つけ麺

<2015.10.10>
本日は走水での釣りの帰りに立ち寄りました。 このところ釣りの帰りは管理人の心のオアシス「豚骨三和」に行っておりましたが、今日は心機一転初めてのラーメン屋に参りました。 実は以前こちらのお店には、開店時間 直後に店の前まで行ったのですが、中に入ろうとしたら店内が停電しており真っ暗に・・・ ブレーカーを上げても全く状況は変わらず・・・ 換気扇も回らず、照明も真っ暗のままのためその日は営業中止になってしまい ました>_< 今回はそのリベンジでもあります。

お店は京浜急行の北久里浜駅から徒歩7分位のところ。 ローズマンションというマンションの1階にあります。 この場所は昔は「佐野金」というラーメン屋さんが入っておりましたが、閉店して吉田製麺所が入った ようです。 実は以前管理人が横須賀に在住の頃、その「佐野金」さんの大将とはご近所さんでした。 もう大分お歳をめされたので引退されたのでしょうか。。。 さて店内のほうは昔の佐野金さんのレイアウトを流用して いるみたいですね。 カウンター席のみですが、厨房を1周するようにUの字型に席が並んでおります。 席数は10席以上あると思われます。 最近にしては珍しく、券売機はなく、定員さんが注文を取りに来ます。  厨房にはお若い男性2名がテキパキと仕事をしています。 なかなか活気があって良い店ですね。

本日ご来店の時刻は14:00頃でしたが、先客4人、後客3人と結構繁盛しています。 店の前に出ていたメニューを見ますと、メニューは「つけ麺(豚骨+魚介)」「ラーメン(豚骨+魚介)」「鶏パイタンラーメン」 「エビラーメン」等結構豊富です。 サイドメニューでチャーシュー丼もありますし、おつまみで小皿も用意してありますので、軽くビールを飲んだりするのもいいかもしれませんね。 今日は「岡」氏は「エビラーメン」を、 管理人は「特製ラーメン(豚骨+魚介)」をご注文しました。 ラーメンは中盛までは無料とのことなので、2人共無料にしました。 更に麺の硬さなども注文可能ということで「岡」氏は硬め、管理人は普通でご注文しました。

ご注文から約5分位でラーメンが到着しました。 まずはお互いのラーメンのスープをお味見・・・ エビスープは非常に濃厚ですね〜! 豚骨+魚介スープにエビの風味が非常によく効いています。 これはかなり まいう〜スープではないですか!! 一方の管理人の豚骨+魚介のほうですが、こちらも濃厚でスープの粘度が高いです。 豚骨と魚介のバランスとしては豚骨が若干勝っているような気がします。 でもバランスとしては かなり良いのではないでしょうか。 これに合わせる麺は、中太麺のストレート。 麺は自家製麺とのことですが、この麺は小麦がしっかりとしていて歯ごたえも非常に良い感じ。 濃厚なスープに全然負けていませんね。  今回は中盛にしましたが、思ったほど多くはないと思いました。 ただ腹八分目ではなく、腹十分目位にはなりますね^^; 管理人がご注文したメニュ名に「特製」とついていますが、これはスープや麺に変更はなく、 トッピングがどっちゃり乗っているということ。 チャーシューが3枚、煮玉子、煮た肉達が入っていました。 チャーシューはバラ肉を使用しており、脂分の部分と肉の部分が地層のように段々になっているタイプです。  味がよく染み込んで超まいう〜です。 煮た肉達も非常にまいう〜なんですが、味付けは甘辛で肉のサイズは1〜2cm大の細かい肉です。 この肉と麺とスープを一緒に頂くと非常に贅沢感が増し、更にまいう〜です!  このトッピングなかなかいい感じですね! 他に食したいと思うメニューもありますので、また今度日を置いてご来店したいと思います。

神奈川県横須賀市根岸町3-1-6
九州男児
北久里浜店


熊本黒ラーメン
角煮トッピング

チャーハン

トンコツ、醤油

<2012.01.29>
今日は北久里浜駅から徒歩5分位のところにある、こちらのお店にご来店です。 最近はここらへんにラーメン屋がよくできるんですよね。 今日ご来店のお店は以前から存在を知っていたのですが、今日この店にご来店したら 道路を挟んで反対側に横浜家系豚骨醤油の店が新しくできていました。 すごい競争激しいです。 今日知ったのですが、この店は浦賀のほうにも同じ系列のお店があるそうです。

さてこちらのお店は、北久里浜駅の昔ながらの商店街の一画にあります。 お店の外観は 白を基調としており、看板は白地に黒い字で店名が書いてあります。  店内は白を基調としており、LEDを使用したおしゃれな照明がいい雰囲気を出しています。 店内は少し狭く、カウンター席のみ8〜9席位でした。 入口を入ると右手に券売機があります。 メニューは大きく分けて4種類。  トンコツベースの「博多白ラーメン」「熊本黒ラーメン」と辛い「赤ラーメン」、あとなぜか「支那そば」もありました。 こちらのラーメンもこだわりがあるそうです。 店にあった説明文章を見ると、どうもここのラーメンは九州のラーメンを 独自に研究して創造したものなんだそうです。 スープには豚頭やゲンコツを20時間以上強火で炊き上げたものだそうです。 また余分な脂やアクを丁寧に取り除いているため、トンコツ独特の嫌な臭いはありません。

今日は3人でご来店しましたが、3人共同じメニュー「熊本黒ラーメン」に「角煮」をトッピングしたものをご注文! 熊本ラーメンには焦がし脂が表面に浮かんでいます。 これまで色々と焦がし脂を降りかけたラーメンを食してきましたが、 ここのは焦がし脂を結構な量降りかけてあります。 もう表面は真っ黒です。 少しかきまぜてスープを一口。。。 お〜まいう〜! スープはコッテリ系ですが、焦がし脂がコッテリさを中和している感じ。 焦がし脂の香ばしさが非常に いい感じです。 九州ラーメンのお店なので「高菜」「紅生姜」「ゴマ」などを自由に入れてよいタイプ。 その他にも生ニンニクをクラッシャーで自分でつぶして入れるやつもありました。 今日は途中でこのニンニクを入れてみましたが、 ニンニクを入れることで更に奥深い味になりました。 これに合わせる麺ですが、中細のストレート麺。 説明文章にもありましたが加水の少ないタイプで弾力はそんなにありません。 博多ラーメンの極細麺をそのまま中細麺にした感じです。  この歯切れの良さがまた好印象ですね。 トッピングされているものは少し変わっていて、半生のキャベツなんです。 そういえば店に入ってラーメンをご注文したときに、キャベツの浅漬けをお通しとして出してくれました。  でも今気づきましたが、このキャベツもコッテリ度を中和する役割をしているんですね。 シャキシャキと歯ごたえのあるキャベツはナイスアイディアだと思います。 今回トッピングした角煮もまいう〜でしたが、個人的にはもう少し脂身の 多いトロトロタイプが好きかな〜。 ちょっと肉肉したところがありました。 あと今日はチャーハンも注文したのですが、ラーメンを食した後にチャーハンを食したので、少し塩加減が薄く感じてしまいましたが、このチャーハンも結構まいう〜ですよ。  非常にまいう〜店なので、これはリピートありです。 ちょっと気になる「支那そば」をいってみたいと思います。

神奈川県横須賀市根岸町3-9-4 Tel.046-874-6010
逗子家

塩チャーシューメン

醤油チャーシューメン

餃子

豚骨醤油

<2012.03.25>
前回、九州男児という新しいラーメン屋に行きましたが、その時になななんとっ! 目の前に豚骨醤油の横浜家系のラーメン屋が出来ているではありませんかっ! ということで、今回はこちらの逗子家さんにご来店です。  それにしても近年、ここ北久里浜、新大津など国道134号線のラーメン密度は急速に高まっています! 特にここ北久里浜の駅周辺には非常に多くのラーメン店が出店しています。 正に激戦区と言っても過言では ないのでしゃないでしょうか。 でも消費者にとっては様々なまいうラーメンが頂けるので大歓迎です!!

さて、こちらのお店は京浜急行の北久里浜駅から垂直に出ている道沿いにあります。 ここの北久里浜商店街の一画になります。 店自体は通りから少し奥まったところにあります。 店の目の前が駐車場になっており、3台の駐車スペースがあります。  看板は結構目立ちますです。 赤地の看板に黒字で大きく店名が書いてあります。 店内に入ると、カウンター・テーブルはこげ茶色で統一されています。 出来たばかりということもあって、店内は非常に綺麗で、清潔感があります。  カウンターは全部で10席位あったと思います。 L字型をしたカウンターでした。 テーブルも少々ありまして、4人掛けのテーブルが1つ、2人掛けのテーブルが1つありました。 家族連れでもテーブル席があるので安心です。  ご来店の時間は開店時刻すぐの11時40分。 でも店内はほぼ満員御礼状態です。 結構流行っているみたいですね。 店員さんは3名でした。 少し若めの女性2人、男性1人でしたが、非常に元気で仕事もテキパキとしています。  なかなか気持ちの良いいい感じでした。

こちらのお店のメニューですが、豚骨がベースになっており、味は醤油と塩の2種類です。 これにチャーシューをいれたり、ネギをいれたりしたバリエーションがあります。 あとうずらの卵のトッピングもありましたね。 うずらの卵って 言ったら、壱六家とか壱國家に似ています。 サブメニューには、餃子やネギご飯などのもあります。 今日は「塩チャーシューメン」と「醤油チャーシューメン」それと餃子をご注文です! ご注文から約7分位で配膳されました。  器は少し小さ目ですが、麺がスープの上から「こんにちわ」しています。 結構麺は多目かもしれません。 まずは塩チャーシューメンのスープを一口頂いてみました。 するとかなり濃厚です。 この豚骨スープはどうやらクリーミー系の 豚骨のようです。 ですがこのクリーミーさはかなり濃厚ですね。 でも塩味ということもあって、割とあっさり頂けるのではないでしょうか。 一方管理人が注文した「醤油チャーシューメン」。 一口スープを頂くと、おー塩よりも しっかりとした味付けですが、クリーミーさがさらに際立っているような気がします。 これも相当に濃厚ですね。 作っているのを見ていましたが、脂は結構多目に入れていました。 それにこのクリーミーなスープ。 似たようなラーメンは 食したことがありますが、ここまでの濃厚さは食べたことないですね。 これはご飯も欲しくなるスープ。 なかなかまいう〜ですよ。 さすが食べログの評点が3.38のことだけあります。 これに合わせる麺は太麺の縮れ麺です。  今回麺の硬さは普通で注文しましたが、もしかしたら、普通だと「柔らかいかな!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 硬めが好きな方は「硬め」での注文をお勧めします。 でもこの麺も味があって非常にまいう〜麺だと思います。  あと特筆すべきはチャーシューがトロトロでまいう〜だということでしょう! このチャーシューはどのように作っているのでしょうか。 今まであまり見たことのないまいう〜チャーシューです!! あ〜美味かった。 ここはリピート必至の お店だと思います。

神奈川県横須賀市根岸町3-10-7 Tel.046-874-4600
麺屋こうじ

店の外観

チャーシューメン

野菜タンメン

札幌味噌ラーメン

餃子

塩、醤油、味噌、つけ麺

<2012.05.13>
今日は以前から気になっていた、こちらのお店にご来店しました。 実は以前から釣りの帰りに何度か「行ってみよう!」と店の前までは来たことがあったのですが、ことごとく「準備中」の看板が・・・  こちらのお店は営業時間が11:30〜14:40 17:30〜21:30となっており、我々が行くときは大体15:00位だったからなんですね。 ラーメン屋さんは結構昼と夕の間の中休みが あるところが多いので、十分注意が必要です。 今日は事前に営業時間と定休日を調査して満を持してご来店しました。 ご来店の時刻は14:00という中途半端な時間にも関わらず、お客さんがひっきりなしに 入ってきます。 食べログで見ると、2012.05.13現在で3.43ありましたから、結構高得点です。 非常に期待が高まります。

こちらのお店は少し辺鄙なところにあります。 最寄りの駅は京浜急行の北久里浜駅から徒歩15分弱位でしょうか。 北久里浜駅に垂直にあたる道をひたすら進むとお店に到着します。 店の外観は非常にこじんまりとした シンプルな店構えです。 写真を撮影したときはすでに準備中となり、暖簾を外していますが、暖簾がなかったらラーメン屋だということが分からない位です。 看板は最近にしては珍しく、木造の板に縦書きで 店名が書いてあります。 近くにはコインパーキングがありますが路上駐車が多いです。 ここ横須賀は田舎だからか、路上駐車をする人が本当に多い。 特にこの通りの商店街は大昔から路上駐車天国です。  さて店内に入りますと、間口の幅からは創造できないくらい広いです。 結構奥まで店舗になっており、ドアを入って正面がテーブル席、奥に厨房とカウンター席がありました。 テーブル席は4人掛けのものが 2〜3個、2人掛けのテーブルが1つありました。 カウンター席は10席位あったでしょうか。 カウンター席から厨房が一望できますが、清潔で整理整頓されています。 お店はご家族で切り盛り しているのでしょうか。 厨房にはお父さんと思われる男性と娘さんと思われる女性が1人づつ。 ホールはお母さんと思われる女性が1人です。 3人共手際が良くテキパキと仕事をしていました。

さて、こちらお店のメニューですが、あっさり系の塩が主力。 それに醤油ラーメン、味噌ラーメン、つけ麺がレギュラーメニューです。 このほかに帰還芸亭メニューというのがあって、2〜3週間置きに限定メニューを 販売しているようです。 ちなみにこれまでの限定メニューを見てみると「秋刀魚節ラーメン」「比内地鶏スープの塩ラーメン」というのがありました。 これからの限定メニューの宣伝もありましたが、それによりますと 「ラフテー入り沖縄そば」「バンバンジー冷やし麺」というのが登場するそうです。 楽しみですね。 結構色々なものにチャレンジする大将のようです。 さて、こちらのレギュラーメニューですが、前述の通り主力は「塩ラーメン」 のようです。 今日は管理人は「チャーシューメン」という食券を購入して出したのですが、普通「チャーシューメン」って言ったら醤油味のラーメンが出てくるところがほとんどですが、こちらの「チャーシューメン」は 塩味のラーメンとなります。(実は管理人は醤油と思って注文してのでありました。。。) こちらのラーメンはかなりこだわりのあるラーメンのようです。 スープは「白口煮干」という関西でよく使用される素材をメインに しており、これに鶏ガラと思われる動物系のダシを合わせているようです。 スープは非常に澄んでおり綺麗なスープでした。 また麺のこだわりとしては自家製麺。 麺の種類は2種類あり、ちょっと平打ちな中太麺と 中細のストレート麺の2種類です。 また叉焼にもこだわりがっ! この焼豚は専用の焼釜で焼いた自家製とのことでした。 味の詳細は後述。

さて注文から約10分弱でラーメンが配膳されました。 まずチャーシューメンですが、前述の通りスープは塩です。 まずはスープを一口・・・ おー上品な感じ。 味は薄目かと想像していましたが、しっかりと付いています。  しかしスープがまいう〜ですね〜。 魚介も鶏ガラも主張しすぎず非常に調和がとれていると思います。 脂分も適度に表面にあり、あまり塩ラーメンを食さない管理人も大満足。 これに合わせる中細麺が またまいう〜! 歯ごたえがしっかりとしており、まさにツルツルシコシコ麺です。 これは管理人の予想を超える美味さです。 さてオリジナルのチャーシューですが、形は楕円ではなく長細いです。 そして色がピンク色 をしており、脂分は端の方にちょろっとあるだけでほとんどが肉の部分です。 一口頂くと・・・おー柔らかい〜。 味の染みこみはイマイチのような気もしますが、きっとあっさりスープに合うように調整されているのでは ないかと思います。 肉本来の旨味が味わえるタイプです。 いやいや、これまいう〜! 一方の味噌ラーメン。 こちらは打って変わってしっかりとした味付けでどちらかというとコッテリ系に近いかもしれません。  でも味噌の味が非常にダシに合っていると思います。 野菜も豊富ですし、バラ肉の細切れのやつも入っています。 あー管理人はこっちにしておけばよかった〜と思う位まいう〜でした。 もう一つの野菜タンメンですが、 タンメンなので基本は塩スープですが、大量の野菜を煮込んでいるので、塩スープに野菜の旨味が染みだしているのがよく分かります。 しかも野菜は二郎系と思う位大量に入っています。 野菜はオタマに2杯なみなみと ついでいました。 野菜はシャキシャキでこれまたまいう〜タンメンです。 そしてもう一つまいう〜だったのが餃子なんです。 この餃子、餡の部分が少し大き目に切ってあるため、口に入れたときに、野菜の シャキシャキ感が残っているんですよ。 何か少し家庭の餃子に近い感じですが、味は家庭のものに比べると段違いにまいう〜です。 一つの大きさも大きいし、これは非常にまいう〜餃子です! あ〜美味かった。  今度は是非醤油ラーメンを食してみたいと思います。

神奈川県横須賀市根岸町4-21-19 Tel.046-835-3412
はまんど横須賀

店の外観

特製ラーメン
(はまんどラーメン
+全部乗せ)

醤油、塩、つけ麺、まぜそば等

<2016.09.30>
もう1週間も横須賀に滞在しています。 こんなに横須賀にずっといるのってホントに久々です。 しかし何度も役所に行ったり、色々な機関に電話したりと大変ですねぇ。。。 ということで今日も行政センターに行く前に ちょっくらラーメンでも食しに行こうかってことで、最近店が変わった「はまんど横須賀」にやってきました。 こちらのお店の前には「麺屋こうじ」というお店があったのですが、知らない間に閉店しておりまして、 つい最近道を通りがかったときに新しい店が入っているのを発見した次第。 前の「麺屋こうじ」は結構お客さんが入っていたのに、閉店とは意外でした。 まぁ駅からも遠いし、ロケーションとしてはイマイチなんですけどね。。。  お店は京浜急行電鉄の北久里浜駅が一番近いと思います。 駅からは徒歩で15分位でしょうか。 ちょっと遠いですよね^^; でも車通りは結構多めなのでドライバーさんなどの利用も多いかもしれませんね。 駐車場 は店のすぐ隣に2台分ありました。

お店の外観と内装は以前の店からほとんど変わっていません。 店内は広くL字型のカウンター席8席位に加え、4人掛けのテーブル席も3つほどあります。 これなら家族連れでも全然問題ありません。 店内も綺麗で清潔に してあります。 店員さんはテキパキと仕事をしており、なかなか感じがよいですね〜。 管理人も好印象です^^ こちらのお店は「四国ラーメン」って書いてあったのですが、「四国ラーメン」なんて聞いたことがありませんよ。  インターネットで検索してみても、そんなの出てこない〜>_< でもメニューに「釜揚げラーメン」って名前がついてたりと、もしかしたらうどんんを意識しているのかもしれませんね。

メニューのほうですが、一番オーソックスなメニューが店名が付いた「はまんどラーメン」。 これは白醤油のラーメンと書いてありました。 白醤油って珍しいですね。 この他にも白湯ラーメン、つけ麺や、先ほどふれた釜揚げ 油そばなどもあるようです。 サイドメニューは餃子などはなく、ご飯の丼物がメインのようでした。 でも管理人は最近、胃が小さくなったからか、ただの老化のせいか、ラ−メン+ご飯物はもう量的に食せないことが多いです。  ということで今日はラーメンだけにしておきました。

今日管理人がご注文したのは、店名のついた「はまんどラーメン」+「全部乗せ」、妹は普通の「はまんどラーメン」をご注文しました。 ランチタイムだからなのか、注文の際に「中盛りまでは無料ですよ〜」と言われましたので、 今日は管理人は「中盛り」でお願いしました。 ちなみに「はまんどラーメン」は麺の種類を平打ちか細麺のどちらかを選択可能になっています。 今日は管理人は細麺を、妹は平打ちをご注文しました。  さてご注文から約4分位でラーメンが到着しました。 ほかにもお客さんがたくさんいるのに5分を切ってくるとはなかなか仕事が早いです。 到着したラーメンを一見しますと「白醤油」とは書いてありましたが、 これは90%以上塩ラーメンって感じですね^^; でも最初に「白醤油」のも文字を見てから注文したので、予想通りといえば予想通りでした^^ スープは透き通っており、非常にきれいなスープですね〜。  最近はこういうラーメンを出す店が多いような気がします。 スープを一口飲んでみると・・・ んまい〜! なんとまろやかなスープでしょう。 ダシは鶏ガラと魚介系と思われますが、臭みなどは全くなく、「淡麗」という言葉が ピタ〜リのスープです。 今日も「スープは飲みすぎてはいけない!」と思いつつも97%飲んでしまいました^^; 麺のほうですが、細麺も平打ちも素材自治は同じような印象を受けました。 細麺は白っぽい色をして おりまして、何かうどんを細くしてラーメンの麺にしたような感じ。 ストレート麺だから余計にうどんに見えてしまう^^ 麺は歯切れがよくスルスルと行けちゃうような麺です。 逆に平打ちのほうは細麺に比べ少し モチモチ感があるような・・・ 単純に麺の太さだけではないような気もしました。 でも細麺も平打ち麺も甲乙つけがたかったです。 あと「全部乗せ」のほうは、チャーシュー、煮玉子、ワンタンなどがトッピングされています。  ここのチャーシューは結構ボリュームがあるタイプで、肉厚が5mm以上ありましよ。 そして肉の味が非常にまいう〜! これは管理人好みです。 肉と脂身の比率はは8:2位ですが、ジューシー感があり非常にまいう〜でした。  煮玉子も味がしみ込んで超まいう〜。 ワンタンは少し濃いめの餡がインパクトになって、淡麗スープとの相性も非常に良いと思いました。 この店結構いいかも!

神奈川県横須賀市根岸町4-21-19 Tel.046-835-3412
とんこつラーメン
平松屋


店の外観

チャーシューメン

あっさり和風ラーメン

豚骨醤油、味噌、塩、あっさり和風、つけ麺等

<2012.04.15>
久々に平松屋にやってきました。 実はこちらのお店、まだ当HPを開設する随分前に訪れていたのでした。 この店にご来店するのはもう10年以上ぶりだと思います。 でもこの競争の厳しい国道134号線沿いにあって、 営業を継続できているのはすごいことだと思います。 こちらのお店の店名は「平松屋」といいますが、豚骨醤油系のお店は「家系」と呼ばれ、店名の最後の字は「家」で終わることが多いのですが、こちらは「屋」で 終わっています。 特に意味があるのかは不明ですが、豚骨醤油の店としては珍しいですね。

こちらのお店は京浜急行の北久里浜駅から徒歩10分位と少し立地としてはイマイチ。 また国道134号線沿いにあるのですが、ここらへんはコインパーキングもなく、なかなか車を停めるのも大変なんですよね。 でも対面にある 長谷川家の店の前には堂々と客が路上駐車しています。 路上駐車は迷惑なのでいけません!! さてこちらの店は緑色をした小さなビルの1階にあります。 赤い看板ですが少し目立ちにくいような気もします。 店内はカウンター席のみで、 席数は13席位あります。 結構中は広いですが、家族連れは少し入りにくいかもしれませんね。 店内に入ると左側に券売機があり、チケットを購入してから席に座ります。 ちょっと管理人の記憶が定かではないのですが、 確か大昔は豚骨醤油の1メニューだったような気がするのですが、今日券売機を見てみると、結構メニュー増えていました。 メインはやはり豚骨醤油ですが、他にも味噌、塩、あっさり和風ラーメン、つけ麺などもありました。  結構メニュー増えましたね。 店員さんは男性の方が2名です。

本日は久々でメインメニューの豚骨醤油にチャーシューを追加した「チャーシューメン」をご注文。 もう一つは「あっさり和風ラーメン」、あとは餃子もご注文です。 注文時に麺の太さを聞かれますが、どうやら太麺と細麺の2種類あるそうです。  今日は2人共太麺をご注文です。 注文から約5分でラーメン参りました。 一見すると普通の豚骨醤油ですが、一点異なるのはワカメが入っていることでしょうか。 上に乗っているのはのり×1、チャーシュー×1、煮玉子×1/2、ワカメ少々、と いった感じです。 まずはチャーシューメンのほうのスープを一口。。。 おーこういう味だった! 思い出してきました! こちらのスープはクリーミーなタイプの豚骨醤油ではありません。 管理人の好みでいきますと、クリーミーでないタイプの ほうが好きなので、第1インプレッションは好印象です。 豚骨醤油にしては少しあっさりとした感じですが、豚骨のいいダシがいい感じです。 少し独特な味もするのですが、これは何の味なんでしょうか。 ちょっと表現できないのですが、 なかなかいいお味だと思いますよ。 一方のあっさり和風スープのほうですが、こちらはベースは豚骨スープのようですが、これに魚介系のスープが合わさったダブルスープになっているようです。 脂は少な目で確かにあっさりした印象。  ただ個人的には「和風」謳っているのであれば、魚介系のスープがもう少しパンチがあれば更に特徴が出るのではないかと思いました。 でもこのスープであれば脂っこいラーメンが苦手、という方にもお薦めできると思います。  これに合わせる麺ですが、中太の縮れ麺。 麺が少し硬くてポソポソしている印象を受けました。 もう少し弾力があったほうが管理人好みです。 でも縮具合もよく麺によく絡んでまいう〜な麺です。 ちょっと麺を入れている箱を見ることができなかったのですが、 もしかしたら、ここらへんでは有名な「増田製麺」の麺かもしれませんね。 あとチャーシューですが、柔らかく肉と脂の比率は7:3位の標準タイプ。 脂身のほうは箸で持つとすぐに崩れる位柔らかいです。 非常にまいう〜です。 今日は餃子もご注文したのですが ここの餃子は管理人好みのニンニクの効いたやつです。 でも値段は400円ということで、最近ここだけでないですが、餃子の値段も上がりましたねぇ。。。 少し前までは300円が普通だったのにね。

神奈川県横須賀市根岸町5-16-4 Tel.046-821-0057
らぁめん長谷川

店の外観

豚骨醤油ラーメン

塩ワンタン麺
期間限定

入れ放題のネギ

豚骨醤油、つけ麺、醤油、塩等

<2015.04.29>
今日はまたまた横須賀のラーメンを食しました。 食べログなどを見ますと、北久里浜周辺は結構ラーメン屋が多く、プチ激戦区と言っても過言ではありません。 現に、昔からの老舗ラーメン店は安定しているようですが、 新しくできたラーメン屋は、少し経ったら別の店に・・・なんてこともしばしばです。 今日ご来店のお店もこの1〜2年の間にできたお店です。 ちなみに店名の「長谷川」ですが、すぐ近くには30年以上前からある「長谷川家」が あります。 あまり詳しくない人ですと「姉妹店!?」と思ってしまいそうですが、多分全然関係なさそうです。

さて今日ご来店の「らぁめん長谷川」ですが、場所は京浜急行電鉄の北久里浜駅または新大津駅から徒歩10分ちょい位の場所にあります。 もしかしたら新大津駅からのほうが若干近いかもしれません。 国道134号線沿いにありまして、 看板も目を引くのですぐに見つかると思います。 看板は黒地に白い文字です。 お店に入りますと、すぐ左側に食券の券売機があり、そこで券を購入してから席につきます。 まだできてそんなに経ってないらしく、 店内はとても綺麗です。 床もツルツルではなくしっかり摩擦係数を確保しています。 椅子の配置は少し変わっていて、テーブル席がメインになっており、カウンターらしき席は2席位しかありませんでした。 テーブルは6〜8人位 座れそうな大きなテーブルが1つあり、その周りに2人掛けのテーブルがあり、そのテーブルをくっつけたり、離したりして客の人数に対応する感じ。 フレキシブルに対応できるので、なかなか良いと思います。

メニューですが、メインは豚骨醤油のようです。 その他豚骨味噌、つけ麺も定番メニューとなっているようです。 その他、支那そばもレギュラーメニューになったと壁紙に書いてありました。 あと「期間限定メニュー」ってのがあって、 今回は「塩ワンタン麺」が限定となっていました。 あとチャーシュー丼や餃子などのサイドメニューもあります。 今日は管理人は1発目ということでオーソドックスに「豚骨醤油ラーメン」をご注文。 将軍は期間限定メニューの 「塩ワンタン麺」をご注文しました。 あと特徴的なのは、ネギが入れ放題ということです。 ラーメンが到着するのと同時にタッパーに入った白髪ねぎも一緒に出してくれます。 他店でもこういうの見たことがありますが、 将軍も管理人もネギ好きなので、ネギが半分位なくなってしまいました^^;

さて、肝心のラーメンですが、まずは将軍がご注文した「塩ワンタン麺」。 スープを飲ませてもらいましたが、ダシは魚介(青魚系?)が利いており、結構まいう〜です。 スープの色が薄かったので、あまり複雑な味はしないかと思った のですが、意外にも深みのある味で、なおかつさっぱりとしたいいスープでした。 麺は中太麺のストレート。 ちょっとこのスープには合わないかも・・・ このスープだったら細麺のほうが良いのではないかと思います。 そしてお次が 「豚骨醤油ラーメン」です。 今回はチャーシューをトッピングしてチャーシューメンにしました。 まずスープですが、家系のような茶色。 そしてレンゲでスープを持ち上げると、ほんの少しトロミがあるような感じです。 結構濃厚な 感じのスープですね。 一口スープを頂くと・・・うん、濃厚でまいう〜です。 スープ自体はクリーミータイプでもなく、かつ昔ながらの家系タイプでもなく。。。 その中間の感じでしょうか。 ちょい塩味が濃すぎるような感じも しましたが、元々味濃いめが好きなので、この点は個人的にはOK。 今回は味の濃さなど全て「普通」でご注文しましたが、もし「味濃いめ」でご注文したら、塩分取りすぎで血圧が200を超えてしまいそうです。 麺のほうは先に ご紹介した「塩ワンタン麺」と同じ、中太麺のストレートですね。 歯ごたえも良くまいう〜な麺です。 今回チャーシューをトッピングしたのですが、肉:脂=10:0でほとんど肉のチャーシューでした。 でもかなり煮込んでいる ようで、肉自体は柔らかく口の中で散り散りになってしまう感じ。 でも個人的には脂身の旨味もあるとうれしいな〜。 全体的に特にこれといった特徴は少ないですが、普通にまいう〜に頂ける感じ。 次回ご来店の際は、味噌を行って みたいと思います。

神奈川県横須賀市根岸町5-1-2 サンクレスタ 1F Tel.046-845-9036
龍王

味噌チャーシューメン

塩角煮ラーメン

トンコツ醤油、味噌、塩

<2008.03.30>
なんと地元では有名な田島屋さんのすぐそばにありました。店はこじんまりとしていますが、カウンター10席位とテーブル席が18席位。  家族連れにも嬉しいレイアウトです。壁にはいろいろなメニューが書いてありましたが、あまりに多すぎて何を注文してよいのやらよく分かりません。 

そんな中、今日は味噌ラーメン、塩ラーメンをご注文。 それぞれトッピングとして角煮、チャーシューを入れました。 あと野菜餃子、肉餃子を ご注文。 ラーメンのスープはトンコツで、かなりコッテリした感じですが、味噌、塩共に見た目ほどしつこくはないです。  特に塩ラーメンは見た目は脂多目に見えますが、食してみるとあっさりしています。 また味噌の方はほんのり甘い感じの味噌で、ニンニクを 入れると管理人好みの濃い目の味になります。 麺は細麺、中太麺、太麺と3種類から選択可能。 今日は太麺でご注文です。  麺はここら辺で有名な増田製麺屋。 太麺は弾力があり、モチモチした感じの麺です。 でも、そんなにメチャメチャ太くはありません。  また、特徴的なのは、コーン、ネギ、キムチ、ニンニクチップ、メンマなどは全て無料でトッピングできることです。  これらは、横長のトレイに載せてテーブルまで持ってきてくれるんです。これはなかなかいいサービスだと思いました。 味噌ラーメンを 注文した管理人はコーンとネギを山ほど頂きました。 有料でトッピングの角煮は3つで400円、ちょっと味が薄めのような気がしましたが、 普通にまいう〜。 チャーシューも普通にまいう〜です。 餃子は自家製の皮なのか手作りの感じがしてモチモチした感触があります。  野菜と肉の2種類ありましたが、どちらかというと肉のほうが管理に好み。 あともう少し皮をパリッと焼いてくれると更にいいと思います。  全体的には普通にまいう〜なラーメン屋さんです。 次回は他のメニューも試してみたいと思います。

神奈川県横須賀市日の出町1-16
萬家

中盛チャーシューメン

ネギ(トッピング)

トンコツ醤油

<2011.03.26>
本日は久々の釣りの帰りにやってまいりました。 メンバーは「岡」氏「飯」氏管理人の3名です。 こちらのお店は国道134号線沿いにあり、 最寄の駅は京浜急行の堀之内駅です。 駅からは徒歩5分位でしょうか。 ここらへんの134号線は交通量も多く路上駐車をしずらい(管理人は 元々しませんが)し、コインパーキングもあまりなさそうなので、自動車で来るお客さんはちょっと不便かもしれませんね。

店の外観は、濃い目の色の木がメインで、赤い文字で店名と「らーめん」の文字があります。 看板は大きいのですが、色が灰色がかっているので あまり目立たないかもしれません。 我々も最初は分からず、道路沿いにたっていた「ラーメン」という幟を見て認識できた感じでした。  店内はこじんまりとしており、カウンター席のみで7〜8席位だったと思います。 木目が美しい木造のカウンターがいい雰囲気を醸し出しています。 

メニューのほうは、1メニューのみ。 トンコツ醤油のみです。 これにトッピングのチャーシューやネギが用意されています。 珍しく餃子がないですね。  今日は3人共「チャーシューメン」をご注文です。 「飯」氏と管理人は中盛に、「岡」氏と「飯」氏はネギをトッピング、管理人はライスを注文しました。  注文から約5分強で運ばれてきました。 スープを一口頂きますと・・・ うん、基本的な家系トンコツ醤油の味です。 ちなみに管理人は味濃い目で 注文していました。 スープに関しては特徴こそないですが、本当にベーシックなトンコツ醤油でまいう〜です。 個人的にはトンコツ醤油には 特徴はいらないのではないかとすら思っています。 やはりこのスープは最高です。 一方これに合わせる麺は、中太麺のほんのちょっとだけ 縮れている感じ。 麺はツルツルした感じがあって、これはこの店の麺の特徴的なところですね。 なかなか麺にスープが絡んでまいう〜です。  今日はチャーシューメンなのでチャーシューが6枚位乗っていましたが、これ以外の具材としては、のり×2枚、ホウレンソウ少々です。  チャーシューは肉の比率が多い、歯ごたえがあるタイプですが、程よい味の染み具合がなかなかのものです。 あと「岡」氏「飯」氏が注文した 「ネギ」ですが、普通ネギトッピングというと、細長く切ったネギに豆板醤などを合わせてラーメン上に乗っている、というのを思い出しますが、 ここのは輪切りのネギが別の器に入って出てきます。 こういうネギトッピングは初めてです。 こういうのもアリですかね。

神奈川県横須賀市三春町3-8 TEL.046-827-1014
つくし亭 大津店

ラーメン

ネギチャーシュー丼

トンコツ醤油、つけ麺

<2010.12.05>
今日も走水釣りの帰りにやってきました。 こちらのお店は、国道134号線沿いにある少しこじんまりとした お店です。 この134号線沿いの京浜急行電鉄の新大津駅〜北久里浜駅の間はラーメン屋が立ち並び、激戦区 となっています。 こちらのお店は新大津駅から徒歩3〜4分くらいでしょうか。 134号線には桜並木が あるのでちょっと店の看板が見えずらいんですよねぇ。  こちらの本店は同じく横須賀の池上というところにあるそうで、今日ご来店のこのお店はその支店なんだそうです。

前述の通り店は非常にこじんまりとしています。 特にすぐそばに「大津家」という目立つラーメン屋があるため、 ちょっと見過ごしてしまいそうです。 店内はカウンター席が8席位とテーブル席が2つ位です。 恐らく店主と そのお母さんと思われる方の2名で切り盛りしています。  メニューはトンコツ醤油のラーメンとつけ麺の2種類でシンプルです。 このほかにも丼物で「ネギチャーシュー丼」 というのもサイドメニューとしてありました。 あとセットものでラーメンセット(ラーメン+餃子4個+ライス)や ネギチャーシュー丼セット(ラーメン+ネギチャーシュー丼)もあります。 他のお客さんは「ラーメンセット中盛り」 を注文する方が多かったですね。

さて、ラーメンは約10分位で運ばれてきました。 一見すると基本的な横浜家系のトンコツ醤油です。 チャーシュー1枚+ のり3枚+ほうれん草がトッピングされています。 スープを一口頂くと、非常に基本的なトンコツ醤油のお味です。  特に特徴は見出せず、本当に普通のトンコツ醤油としか言いようがありません。 普通に安心して頂けるスープです。  これに合わせる麺は老舗増田製麺の麺だそうです。 太さは中くらいでストレート麺です。 適度に弾力があり、 いい麺ですね。 ただやはりちょっとパンチに欠けるというか、特徴がないというか・・・ まいう〜なのは間違いないのですが、 特徴を見つけるのが難しい感じです。 余談ですが、管理人は昔からこの増田製麺の麺が好きなんですよ。  この近辺のラーメン屋でも増田製麺を使っている店が非常に多いです。 さて、今日はネギチャーシュー丼もセットでご注文です。  チャーシューよりもネギのほうが多く、シャキシャキした感じがいいです。 チャーシューは味が染みておりまいう〜です。  ご飯に醤油ダレをかけてくれていると思いますが、少し不思議な味がしました。 あと味付玉子も乗っていますが、 大変まいう〜ですね。 ついついラーメンのスープに浸して食してしまいました。 次回はつけ麺を試してみたいと思います。

神奈川県横須賀市大津町4-5-11
横浜家系ラーメン
大津家


チャーシューメン


トンコツ醤油

<2010.07.24>
本日は葉山の森戸海岸に釣りに行った帰りに寄りました。釣りで爆釣したので、実家に近かったこともあり、おすそ分けしにいった帰りです。 こちらのお店は2009年の9月にオープンしたんだそうですが、こちらの場所は大昔から何軒もラーメン屋が入れ代わり立ち代り入っているんですよね。 管理人が記憶している最古は中学生の頃だったので、もうかれこれ二十数年前でしょうか。近くにある横須賀大津高校に通っていたので、 その頃よく食していました。その頃は学生割引ってのがあって、学生服で行くと100円位割り引いてくれたような気がします。

さて昔話はここらへんでやめといて、こちらのお店は真っ赤な大きな看板があるので、134号線からでもすぐに分かると思います。 二十数年前っていうんだから、お世辞にも新しいとはいえませんが、綺麗で清潔にしている感じがしました。席はカウンターが8〜9席位で、 奥に座敷テーブルが一つ置いてある小部屋もあります。

メニューは名前の通り、横浜家系のトンコツ醤油です。他にも「汁なし」というメニューもありました。この「汁なし」という名称には惹かれましたが、 今日は初来店なので、基本メニューのチャーシューメンにしておきました(味濃い目)。注文から出来上がり間では割と早く、5分弱で出てきました。 一口頂くと、非常に基本的なトンコツ醤油です。これといって大きな特徴があるわけではありませんが、安心してまいう〜に頂くことができます。 まぁ特徴を強いてあげるとするとスープの色が少し黄色っぽいってところだけでしょうか。これにあわせる麺はこれもお約束の中太の縮れ麺です。 あ〜こういう安心して食せるラーメンは本当に良いですよね。チャーシューは脂:肉=4:6位で脂身もジューシーでまいう〜です。 ちなみに今日は「味濃い目」で注文しましたが、濃い目にしなくてもしっかり味がついているので大丈夫でしょう。次回来たときは「汁なし」 ってのにチャレンジしてみたいと思います。

神奈川県横須賀市大津町5-3-5 Tel.046-825-9797
イツワ製麺所

醤油ラーメン(太麺)

味噌ラーメン(太麺)

味噌ラーメン(細麺)

餃子

醤油、味噌、塩、各種つけ麺

<2011.12.18>
いつのまにか、近所にこんなラーメン屋が出来ていました。 結構な人気店で行列ができることもしばしばだそうです。 ロケーションは少し分かりづらいんですよ。 最寄りの駅は京浜急行の北久里浜が一番近いですが、 徒歩10分強かかりそうです。 横須賀を流れる平作川という川沿いにありますが、ロケーションが分かりにくいだけでなく、店自体もバラックのような出で立ちのため「これがラーメン屋!?」という感じ。 ここって 昔は何があったところなんだっけなぁ。。。 子供のころはここらへんはよく通っていたような気がするのですが、元々ここがなんだったのかを全く思い出せません。

さて外見は前述の通り、古い建物をそのまま流用してお店として使用しています。 間口が狭いので収容人数は7〜8人位かな。。。と思っていたのですが、実際に中に入ってみると、かなり広い店内です。 ラーメン屋としては珍しく、 カウンター席は0で、全てテーブル席となっています。 4人掛けのテーブルが3台、2人掛けのテーブルが6台で、全部で24人のキャパシティがあります。 また待合室も設けられており、待ち行列に入ったとしても、寒さに震える ことはありません。 なかなかいいサービスですね。 入口には、ファミリーレストランのように、待っている人の名前と人数を書くノートが置いてあります。 今日は開店の5分前に到着するよに行ったのですが、すでに2組6名の方が 開店を待っていました。 我々は3番目。 でも食べ終わって外を見ると、もう本当に行列ができていました。 

こちらのラーメンですが、メニューとしては、醤油、味噌、塩、トンコツ、各種つけ麺に加え、セロリつけ麺などという想像もつかないメニューなどもありました。 あと各種ラーメンは太麺と細麺を選択できる仕組みとなっています。  また麺の量も無料で中盛⇒大盛等に変更可能です。 つけ麺のほうは見るのをわすれてしまいましたが、ラーメンのほうは普通盛:150g、中盛200g、大盛:300g!?(だったっけ・・・)、つけ麺のほうはもっと細かく5段階位 麺の量を選択可能だったと思います。 ちなみに先に言ってしまうと、さすが「製麺所」とつくだけあって、麺はまいう〜ですね〜。

さて、今日のご注文ですが、今日は3人でご来店、管理人は醤油ラーメン、両親は味噌ラーメン(太麺)、味噌ラーメン(細麺)をそれぞれご注文。 追加でチャーシュートッピングと餃子も2人前注文しました。 さて席で待つこと5分強で 醤油ラーメンが運ばれてきました。 続いて味噌ラーメン(太麺)が運ばれてきました。 細麺にしていた味噌ラーメンが一番最後に到着しました。 普通麺のゆで時間が太麺のほうがかかるから、細麺のほうが早いのにね。 不思議〜。  さてまずは醤油ラーメンの外観ですが、透明の透き通った醤油スープに背脂が少しふりかけられています。 上にはもやし、かいわれ大根と、のり1枚、あともやしの上に、赤いものが乗っていますが、これはキムチを細かく刻んだもののようです。  醤油スープのお味ですが、ダシは鶏ガラのようです。 きっと低温でじっくりと炊いたスープなんだと思います。 雑味などは全くなく、非常に上品。 しかも化調もあまり使用していないような感じ。 シンプルですがクセになるアジですね〜。  元々太麺好きだったので、今回は太麺でお願いしましたが、これはやっぱり細麺が合いそうですね。 ちなみに太麺と呼ばれる麺は、一般的には中太麺くらいの太さです。 細麺と呼ばれるのは普通の細麺の太さでした。 いや〜、これまいう〜ですね〜。  最近ラーメの汁を全部飲むのはやめていましたが、今回は全部飲んじゃいました。 一方味噌ラーメンの方ですが、こちらは結構しっかり味噌味がついています。 味はしっかりしていますが、コッテリとは違いますね。 しかも何か隠し味というか、 普通の味噌ラーメンとは違う何かが入っています。 多分キムチっぽい味が加えられているのではないかと思います。 こちらの味噌ラーメンもまいう〜ですね〜。 不思議なことに、味噌ラーメンにはチャーシューが2枚乗っていました。  そしてー、餃子を頂きまーっす。 何か静岡の餃子のように円形になっています。 一つ一つの餃子は小さいのですが、数が多いので、食べごたえありです。 しかも餃子の味は非常にまいう〜! 少し甘い感じもしますし、野菜と肉のハーモネーが最高です!  この餃子は非常に好きですね! これは次回リピートは必至ですな! 次回はつけ麺食べてみたいと思います。 醤油ラーメんは0だったのに・・・ 

神奈川県横須賀市森崎1-1-9 TEL.046-837-1467

博多濃厚豚骨らーめん

店の外観

博多ラーメン
こってり

黒マーユラーメン
普通

ミニスタメシ

豚骨等

<2016.12.23>
今日は打合せのため、朝から横須賀にやってまいりました。 ちょうど昼前に打合せが終わったので、そのまま昼食を食して帰ることにしました。 最近は「三和」に行くことが多かったのですが、たまには違う店でも 行ってみようかと横浜横須賀道路の佐原インター付近をうろちょろしていると、遠くに「博多らーめん」の文字が! こんなところにラーメン屋あったっけ!? 妹に聞いてみると、前は「東京チカラめし」の店が あったそうですよ。 確かに店構えは牛丼屋さんのようなファストフード店のような感じもします。 でももう腹減ったので構わずご来店〜。

こちらのお店は、横浜横須賀道路の佐原ICから車で約4〜5分の所にあります。 佐原から久里浜方面に向かう産業道路のような道沿いにあります。 この道には以前は食べ物屋なんてあまりありませんでしたが、 最近はファミリーレストランなども建って昔とは大分変ってました。 お店には駐車場が10台分位完備されているので入りやすいですね。 この近辺には駅はないので、徒歩で来るお客さんより車で来るお客さんのほうが 圧倒的に多いはず。 そう考えると駐車場は必須ですね。 店の外観はホントに牛丼屋さんの「すきや」みたな佇まいですね〜。 店内に入ると、2人掛け、4人掛けのテーブルがほとんどでカウンター席はないような・・・  でも家族連れには使いやすいですね。

メニューを見ますと、博多ラーメンのほかに、マー油を入れた黒マー油ラーメンもありました。 それぞれ「コッテリ」と「普通」を選べるので厳密にいうとメニュー数は×2になるのかな。 ラーメン以外にも丼物で 「スタメシ」なるメニューもあります。 写真を見る限り「スタ丼」のパクリ商品のようです。 今日は管理人は「豚骨らーめん(こってり)」を、妹は「黒マー油ラーメン(普通)」をご注文。 そしてセットで「ミニスタメシ」が 安くなるということだったので、一つご注文しました。

ご注文から4分位でラーメンが到着しました。 なかなか仕事が早いです。 まずは管理人の「豚骨らーめん(こってり)」ですが、スープがホントに濃厚ですね。 色は普通に白っぽいんですが、粘度が相当に高いです。  まだ食したことはないのですが「天下一品」のコッテリラーメンってこんな感じなのかもしれないな〜と思いました。 どれだけ粘度が高いかというと、さながら八宝菜のようなドロドロ感です。 麺をリフトアップすると 相当量のスープが一緒に持ち上がります。 味はいたって普通の博多ラーメンですね。 粘度が高く濃厚という以外にはこれといった特徴はないかなぁ。。。 普通にまいう〜に頂きました。 妹の「黒マー油ラーメン」のほうは 「普通」で注文したのですが、こちらのスープはサラサラしていました。 やっぱし管理人も「普通」にすればよかったなぁ。。。 スープは普通の豚骨ラーメンにマー油を追加しただけと思われますが、やはりマー油を入れると コクが出てまいう〜ですね〜。 管理人も黒マー油にすればよかった・・・ あとミニスタメシですが、脂分が少な目の肉を使用しており、味付けはスタ丼とほぼ同じ。 醤油ベースでニンニクを追加したタレで炒めているようですね。  まぁこれも普通にまいう〜ですが、やっぱりスタ丼にはかなわないな〜。
久留米らーめん 鐡釜
横須賀中央店


醤・鐡釜らーめん

豚骨、豚骨魚介、つけ麺等

<2015.08.08>
本日は久々に横須賀の中心地、横須賀中央にやってきました。 昼からの用事を済ませ、実家に帰る前に少し遅い昼ごはんでも食していこうということで、横須賀中央駅に隣接しているモアーズの食堂街に行きました。 このモアーズは 随分前に建設されたデパートみたいなものですが、実は管理人は初めて中に入ったのでありました。 中に入っているお店は専門店ばかりで、若い人向けのおしゃれな服屋や化粧品屋から、本屋、CD屋、無印良品など色々な店舗が入って います。 休日ということもあって、結構お客さんが多かったです。

今回ご来店した「久留米らーめん 鐡釜」さんはモアーズの8階の食堂街にあります。 エスカレータを降りてすぐ左にお店がありました。 13:00を少し過ぎていたからか、お客さんはまばらな感じ。 店先にメニューの看板が置いて ありましたが、結構メニューが多いですね。 しかし久留米ラーメンってあまり聞いたことないですよね。 早速Wikipediaで調べたところ「久留米ラーメンは、福岡県久留米市を中心に作られる、豚骨スープとストレートの細麺をベースにした ラーメンである。 豚骨ラーメンの元祖ともいわれているラーメンで、多くの九州ラーメンだけでなく、様々な地域のラーメンにも影響を与えた。」ということでした。 なるほど、九州でよくある白いスープの豚骨ラーメンなんですね。  さて、お店の店内ですが、少し照明を暗めに設定しているのと、テーブルや椅子が濃い茶色をしているため、落ち着いた雰囲気になっています。 カウンター席よりも、テーブル席が多く、家族連れなど複数名でのご来店に備えた造りに なっていました。

メニューのほうですが、看板に書いてあったメニュー名の字体が崩し過ぎてて、読み取れない感じですが、どうやら普通の豚骨ラーメン、豚骨ラーメンに醤油や魚介を合わせたラーメン、更につけ麺などもありました。 個人的には 最近豚骨+魚介のWスープが好みなので、醤・鐡釜らーめんをご注文。 ちなみに「鐡釜」は「てつがま」と読むのですが、「鐡」の字がパソコンの変換で出てこないので、非常に面倒くさいです>_< ご注文から約5分弱でラーメンが 運ばれてきました。 結構トッピングが多くて、角切りになったチャーシュー、普通のチャーシュー×2枚、のり3枚、煮玉子×2、シナチクなどかなりゴージャスな感じです。 これで900円は少しお得かも。 角切りのチャーシューは少し歯ごたえの あるタイプですが脂身の部分はトロトロです。 普通のチャーシューのほうはバラ肉のような感じで、全体的に柔らかく管理人好み。 煮玉子も絶妙な半熟状態で出してくれています。 最初からなかなかの好印象です。 ではではまずは スープを一口・・・ んまい〜! 豚骨のスープのほうが魚介系より若干強めな感じです。 豚骨スープは、昔よくあった豚骨臭が少しありますが、もう管理人はこの臭いが好きなので、結構嬉しい感じ。 豚骨が強い中にも魚介の風味が 鼻に抜ける感じは結構絶妙ではないでしょうか。 醤油ダレとも相まって、非常にまいう〜スープに仕上がっています。 これに合わせる麺は、中細麺のストレート。 思ったほど細くはありませんでしたが、個人的にはこの位のほうが 良いかな。。。 こりゃ〜なかなかまいう〜なラーメンではないですか! でも食べログを見ると、2015.08.08現在で2.99と点数低いんですよね。。。 結構まいう〜なのに、どこがダメなんだろう。。。 管理人はリピートしますよ!

神奈川県横須賀市若松町2-30 横須賀モアーズシティ 8F TEL.046-820-4551
平八

店の外観

煮干そば(醤油)
全部乗せ

黒煮干
全部乗せ

荒炊き煮干し
全部乗せ

醤油、塩、まぜそば、つけ麺

<2016.08.28>
今日も横須賀共済病院にやってきました。 途中で腹が減ってしまったので、かねてより気になっていた煮干ラーメンを食せるお店にやってきました。 こちらのお店は京浜急行電鉄の横須賀中央駅から米が浜の方面に向かった 横須賀共済病院の目の前にあります。 駅からは徒歩7〜8分位といったところでしょう。 管理人は横須賀育ちではありますが、あまり横須賀中央のラーメン屋って来たことがないんですよね〜。 ということで今回は食べログで 調査しておきました。 でも食べログで「横須賀中央」「ラーメン」で検索しても、そんなに沢山お店が出てこないんですよね〜。 検索結果の店もチェーン店が多い感じ。 横須賀の中心地だからもっと沢山あると思ったのに、ちょっとガッカリ。  でもその中でも点数が高く、しかも「煮干」の文字が書いてあるお店を発見! 管理人は結構煮干のラーメンが好きなので一発でここに決めました。

横須賀共済病院からお店までは徒歩30秒。 ホントに目の前って感じです。 ただメインの通りではなく、スナックなどの飲み屋が建ち並ぶディープな細い通りにありました。 店の外観を見て頂くと分かる通り、このラーメン屋の 前身は多分スナック。。。 お世辞にも綺麗な感じではないですねぇ。。。 外の黒い壁には白いペンキのようなもので煮干が書いてありました。 この煮干の絵は、管理人の前衛的アートと似たり寄ったりです^^;  店内もちょっと古い感じは否めませんが、店内はちゃんとラーメン屋っぽくなっています。 カウンター席は5席。 カウンター席の後ろに2人掛けのテーブルも2〜3台ありました。 店内の広さにくらべて席数は十分確保されていますね。  店員さんはいかつい中年の男性2名で切り盛りしていました。

メニューのほうは全て煮干スープを使用したもの。 一押しが「煮干そば(醤油・塩選択可)」さらに煮干と鶏白湯を合わせた「荒炊煮干そば」、その他「煮干油そば(醤油・塩選択可)」「つけ麺(あっさり・こってり選択可)」などもありました。  う〜ん、今日は初めてだし。。。今日は一番オーソドックスな「煮干そば(醤油)」に「全部乗せ」のトッピングをしました。 そうそうちなみに麺は普通盛は150g、中盛は割増料金なしで190g、大盛は200円増しで 300gとなっていました。 管理人は今日は大人しく普通盛でご注文です。 あと「全部乗せ」ですが、豚バラチャーシュー、煮玉子、海苔2枚が追加されて200円増しです。

ご注文から約5分少々でラーメンが到着しました。 「醤油」でご注文したのですが、スープは割と色が薄めですね。 でも煮干のかほりが非常に良いですね〜。 まずはスープを一口・・・ うん、まいう〜、ですが管理人が思って いた味とは異なりました。 最初の想像だともっと煮干がガツンと来る感じだったのですが、思ったほど煮干は強くありません。 そしてちょっとだけしょっぱいかな。。。 店内の煮干スープの説明書きを見ると、このスープは カタクチイワシを強火で炊き上げた「煮干Only」スープなんだとか。 でもその割には煮干がガツンと来ないなぁ。。。 まぁでもこの位のほうが万人受けするような気がしますので、これはこれで良しとしましょう。  ちなみに限定メニューで「黒煮干」ってメニューがありまして、このメニューは7割の人は「NG」なんだけど3割の人は病みつきになってしまうんだとか!? もしかしたら管理人は黒煮干タイプかもしれません^^  さてあっさり煮干スープに合わせる麺は、自家製麺なんでしょうか。 平打ちのストレート麺、麺の太さは中麺位でしょうか。 モチモチタイプの麺ではなく、サクサク歯切れの良い麺です。 この麺も珍しいですね〜。 なんだか 沖縄のソーキソバを食しているような感じが近いかもしれません。 でも管理人的にはこれはアリですね。 トッピングは「低温調理チャーシュー」×1、メンマ少々、岩海苔少々、海苔×1枚です。 この低温調理チャーシューってのは結構 まいう〜でして、さながら牛のローストビーフのようですよ。 この低温調理チャーシューは不思議なことにスープと非常によく合っていて、猛烈にまいう〜だと思いました。 脂分の少ない部位を使用しているため、あっさりと 頂けます。 あと全部乗せで加わった「豚バラチャーシュー」は「低温調理チャーシュー」とは対極で、脂分多目の肉を味濃い目で味付けしてあります。 これもまたまいう〜なんですよね〜。 なんだか不思議とまた行きたくなる ラーメンですね〜。 次回もリピート決定! 次は荒炊き煮干orつけ麺いっときます!

<2016.09.17>
今日は将軍が転院する日です。 昼前に横須賀中央に集合し、転院の前に腹ごしらえすることにしました。 今日はお嫁さんと妹と管理人の3人でご来店です。 こちらのお店は数週間前に発見しご来店したのですが、なかなかに ユニークな味付けで気になっていたお店です。 管理人とは別の日に妹もこちらのお店にご来店していたのですが、妹ももう一品気になるメニューがあるということで2回目のご来店と相成りました。  お店に到着したのは11:15。 店内に入るともう満席です。 しょうがないので店の前で待っていたら、その後も続々とお客さんが集まり、あっという間に行列が出来ていました。 こんな辺鄙な場所なのに行列ができるなんて すごいですね。 店の前で待つこと10分少々。。。 ようやく席に座ることができました。

前回ご来店したときには「次に食するのは「つけ麺」or「荒炊き」にしよう!」と思っていたのですが、妹が「黒煮干」が気になると言っていたのを思いだし、今日は妹と同じ「黒煮干し」にしちゃいました。 お嫁さんは鶏スープと 煮干スープを合わせた「荒炊き煮干」をご注文。 「黒煮干し」も「荒炊き煮干し」も「全部乗せ(のり、バラチャーシュー、煮玉子等トッピング)」にしました。 ちなみに「黒煮干し」の説明書きには「7割の人はNGだけど、 3割りの人はドはまりする」というようなことが書いてあったんですよね。 こう書かれると意地になってオイラも3割に入ってやるわい!と思ってしまいます^^

ご注文から約5分でラーメンが到着しました。 まずは「黒煮干し」。 一見しますと「富山ブラック」のような真っ黒いスープが特徴です。 さすが「黒煮干し」! 何かイカスミほどに黒いスープのため、麺をリフトアップすると 白い麺が煤けた色になってしまいますよ。 一口頂くと・・・ うん、普通に煮干しラーメンです。 最初は煮干しの苦味が出るほどに炊いたスープなのかと思っていましたが、意外にも普通の煮干しスープです。 醤油ダレも意外に 普通な感じだし、ちょっと拍子抜けな感じでした。 ただ前回食した普通の「煮干しラーメン」よりは管理人好みですね。 普通の「煮干しラーメン」は少ししょっ辛い感じでしたが、「黒煮干し」は醤油と煮干しのバランスが とても良いです。 この味であれば説明書きにあるような「7割がNG」なんてことはないと思いますよ。 あともう一品、お嫁さんがご注文した「荒炊き煮干し」ですが、こちらは鶏スープと煮干しスープを合わせているとの説明だったので、 もっと白っぽい鶏白湯のようなスープを想像していたのですが、これも普通の「煮干しラーメン」とそんなに変わらない感じでした。 ただスープの味はちゃんと鶏スープが合わさっているのが分かります。 煮干しと鶏スープって 結構合うんですね^^ こちらもなかなかまいう〜でしたよ。 ちょっとこれからはあまり横須賀中央に来ることが少なくなりますが、またご来店したときはつけ麺をチャレンジしてみたいと思います。

神奈川県横須賀市米が浜通り1-17 TEL.046-897-3104
相模原市
中華そば 中野 青葉
相模原店


特製中華そば

特製つけ麺

豚骨-魚介ダブル、つけ麺

<2011.10.08>
本日は奥多摩湖釣りの帰りにやって参りました。 本日は「飯」氏と管理人の2人でご来店です。 正直管理人は相模原の駅周辺に来たのは初めてだったのですが、ここラーメン屋が多いですね〜。 車でラーメン屋を探しながら、 ある通りを通ったらラーメン屋が密集しています。 さながらラーメン博物館のようです。 でも一軒一軒独立しているんですよね。 不思議なところでした。 最初相模原に来たときは「北海道ラーメン おやじ」というラーメン屋に 行こうとしていたのですが、車で周囲を走っているときに、かの有名な「中野 青葉」の文字を見つけて、すぐにこっちに変えちゃいました。

こちらのお店はできたばかりなのでしょうか。 非常に綺麗です。 店の外装は木造でなにやら江戸時代の建物のようです。 店内は大きなコの字のカウンター席があり、入口付近にはテーブル席も2つ位ありました。 ちなみに カウンター席は結構広くて10席以上は余裕でありました。 ご来店時刻が22時頃だったためか、店員さんが一人で切り盛りしていました。 最初はアルバイトが作っているの!? と思いましたが、湯切や盛り付けなど結構様になっていました。  特に湯切は特徴あるやり方で、最初は大きく、最後は細かく湯を切っていました。 こちらのメニューは非常にシンプルです。 ベースメニューは中華そばとつけ麺のみ。 それぞれに「特製」があります。 「特製」にするとチャーシュー、 玉子が追加されます。 こちらのラーメンは豚骨と魚介のWスープだそうです。 店のHPによると「東京ラーメン」と「九州ラーメン」の両方の良さを取り入れたラーメンなんだそうです。 スープのベースは豚骨、鶏ガラとかつお節、 サバ節、煮干しだそうです。 また、スープにはゼラチン質も他店より多く使用しているとのこと。 元々この店は有名店ですし、かなり期待大ですね!

本日は「飯」氏は「特製つけ麺」、「増」氏は「特製中華そば」をご注文。 まずは「特製中華そば」が配膳されました。 注文からの時間は5分強と言ったところ。 スープは一見すると白濁スープで豚骨スープを思わせる感じですね。  一口スープを頂くと・・・ おーまいう〜! 口当たりは豚骨スープの感じがしますが、魚介系の風味が漂ってきます。 そのためか豚骨スープのしつこさは全くありません。 また黒こしょうを事前に少しだけ振り掛けているのが 大変良いアクセントになってスープを引き立てていると思いました。 これはかなりまいう〜なんじゃないでしょうか。 これに合わせる麺は少し平打ちっぽい麺ですが、コシがしっかりしており、スープと麺の一体感があります。  少し縮れているのもあって、麺にスープもよく絡みます。 あとトッピングされたチャーシュー&煮玉子ももちろんまいう〜ですね。 何か隙のないラーメンという印象を持ちました。 でも「飯」氏は本店のを食しているのですが、 「飯」氏曰く「本店にはかなわない」だそうです。 これは本店も行ってみなければ〜。

神奈川県相模原市中央区中央4-5-5 アールビル1F Tel.042-751-7878
夜鳴き軒

夜鳴き軒
こってりラーメン

夜鳴き軒
スペシャル
こってりラーメン

トンコツ、醤油、味噌、つけ麺等

<2011.08.01>
今日は実は別の店に行こうとしていたのですが、なななんとっ!管理人が曜日を間違えてお目当ての店が定休日となっておりました・・・ しかしもう朝から何も食さずに来ていたので、 我慢の限界!! お目当ての店から車で3〜4分位のところにあったこちらの店にご来店しました。 しかし16号線を走るのは多分3年ぶり位になるかもしれません。 学生の頃は 16号線は通学路だったんですけどね〜。 道や待ちの雰囲気はあまり変わったような感じはしませんが、新しくホームセンターができたり、食事処も随分増えた様な気がします。 とても懐かしい!

こちらのお店は16号線下り側にありまして、店の外観が特徴的なので、すぐに見つかるのではないかと思います。 どんな外観かというと、レトロな感じで昭和初期のような雰囲気です。  ちょうど新横浜にあるラーメン博物館のような感じです。 店の外には大昔の看板などが貼ってあり、店内にも昔のポスターが貼ってあったり、昔のテレビがあったり、昔のストーブが置いてあったりと かなり凝っています。 結構いい感じではないでしょうか。 店内はかなり広く、カウンター席は10席以上と4人掛けテーブルが3〜4つあったりで、家族連れにも安心なキャパシティです。 

店の一押しメニューは「夜鳴き軒こってりラーメン」のようです。 他にも味噌ラーメンや、醤油ラーメン、つけ麺もあります。 サイドメニューは餃子、黒炒飯というのもありました。  今日は黒炒飯もサイドで追加注文しようと思ったのですが、ランチサービスでライスが無料だったため、ライスだけにしておきました。 今日は管理人は「夜鳴き軒スペシャルこってりラーメン」を 嫁は「夜鳴き軒こってりラーメン」をご注文しました。 「スペシャル」がつくとトッピングが全部乗せ(炙りチャーシュー×3枚、煮玉子×1、肉ソボロ少々位かな)になるようです。  まずははスープですが少し白っぽい色をしており、表面には背脂が降ってあります。 スープはほんの少し粘度が高いようです。 さすが「コッテリ」です。 スープを頂くと、 味がしっかりとついています。 長浜ラーメンのスープに近いでしょうか。 白濁スープはトンコツの旨味が凝縮されており結構まいう〜です。 これに合わせる麺は、細麺ストレートですが、 博多ラーメンのような極細ではなく、普通の細麺です。 なかなかありそうでなかった逸品ですね。 具材で特徴的なのはシナチクでした。 普通は幅1cm、長さ5cm位のシナチクはよく見ますが、 ここのは長いです。 ゆうに13〜5cm位はあるでしょうか。 自家製なんでしょうか、スーパーで買うようなシナチクではなく、少し浅漬けとでもいうのでしょうか、これはかなりまいう〜です。  あとチャーシューは炙っているタイプなのですが、肉:脂=3:7位と結構ジューシーです。 これもまいう〜! ちょっとコッテリが強すぎて、嫁は途中でププッとなっていましたが、 管理人は全然OKです。 そうそう、最後にライスにスープをかけて頂きましたが、レンゲでスープをすくうと肉そぼろも一緒にすくえて、それをご飯にかけて食すると超まいう〜です。  次回は味噌、醤油どちらにするか迷います。 というより次にいつ相模原に来るんだろう・・・

神奈川県相模原市中央区共和4-8-1 Tel.042-751-1139
博多一番
コッテリトンコツ

<2005.04.01>
博多長浜ラーメンの王道です。管理人は当然チャーシューメンに替え玉×1、チャーシュー丼×1です。次は牛スジ丼を逝っておきます。ここは変わってて、普通の博多ラーメンの味とスープはトンコツだけど、 醤油味も選べます。 醤油味は次回にチャレンジします。

神奈川県相模原市若松4-12-6
秦野市
なんつっ亭
トンコツ

<2005.04.21>
テレビ、雑誌で有名な「なんつっ亭」に管理人が初チャレンジです。雨の水曜日13:30頃。いくら有名店でもこのシチュエーションで混んでいるはずがない・・・認識誤っておりました。混んでいました。ここのラーメンはマー油で有名。ラーメン雑誌のランキングではいつも上位に位置する店です。期待を胸にネギチャーシューメン大盛りと餃子、ぶたまんまを注文しました。。。いまいち。。。自分の舌を疑いました。こんな有名店のラーメンが美味しくないはずがない・・・でもダメでした。(急死)

神奈川県秦野市松原町1−2
厚木市
横浜らーめん
壱八家


店の外観

ラーメン
ほうれん草、のり追加

チャーシューメン

ネギ味噌ラーメン

武士つけ麺

豚骨醤油、味噌、つけ麺等

<2012.06.23>
本日は久々の厚木市にやってきました〜。 元々管理人の行動範囲は横須賀・横浜が中心だったため、神奈川県の内陸にはあまり縁がなかったんですよね。  多分「本厚木」という駅で下車したのは初となります。 でも学生の頃、自動車の運転が好きで夜な夜な箱根や丹沢にドライブに行っておりましたが、この厚木近辺はそのときに何度も通った ことがあると記憶しています。 そういう意味ではとても懐かしい土地ということもできますね。 さて本日は何故本厚木に!?ということなんですが、本日はギタリストの「平井武士」のコンサートが ここ厚木で実施されるからなんです!! 今回のコンサートの開場は18:00、開演は19:00、ということで、まずは事前に腹ごしらえしてから突入と相成りました。

今回初本厚木ということで事前にラーメン屋を調査していたのですが、本厚木駅周辺には結構ラーメン屋ありますね! 調査中は管理人のテンションもグングン上がっていきました。  食べログの平均点の3.4以上の店も数軒あり「これは選ぶのが大変だ〜」と思っていたのですが、よく見てみると昼と夜の間に中休みがあり、しかも夕方の開店時刻が18:00〜の店がほとんどです! (管理人のテンションがグングン下降・・・) にゃに〜、今回は18:00には会場に入っていないといけないから17:15に駅に集合してラーメン食ってから会場に向かうという段取りだったのに・・・  ということで再度昼と夜の中休みのない店を探して今回の店を発見した次第。 最初に店の情報を見たときはスタンダードな横浜家系のトンコツ醤油のラーメン屋かと思ったのですが、 メニューをよく見てみると、つけ麺や味噌ラーメンの文字も! 結構幅広くやっている店みたいです。 最近では横浜家系の店でも味噌やつけ麺を出すところが増えてますからね〜、しかもまいう〜店も 結構多いです。 ということで今回は「壱八家(いっぱちや)」に決定です〜。

さて本日はいつものコンサート仲間「飯」氏「ACE」氏「難」氏の4人でご来店です〜。 こちらのお店、ロケーションは非常によくて、本厚木の南口から徒歩1分の距離にあります。 距離的には 1分の距離なのですが、近くに横断歩道がないため、交通ルールを守っていくと3〜4分はかかってしまいそうです。 今回は交通ルールを守らずに行ったので、1分ちょいで到着しました。  店は随分前からやっているのでしょうか。 お世辞にも綺麗な外観とは言えません。 とはいえ汚いわけではなく、伝統ある建物と言ったほうが適切かもしれません。 店のドアを入ると すぐのところに券売機があります。 店内は木造で非常に清潔にしており、いい雰囲気です。 カウンター席10席位の他、4人掛けのテーブルも数台あり、結構広いですね。 壁紙を見てみると 「学生さんは〜〜〜」と書いてありましたので、学生さんの客も多いみたいですね。 ググッってみると、神奈川工科大学、東京工芸大学、東京農業大学、青山学院大学などの文字が出てきました。  ここは学生の街と言ってもいいのかもしれませんね。

さてこちらのメニューは前述の通り、醤油豚骨の横浜家系ラーメンがベースになってます。 これに加え、味噌ラーメン、つけ麺なども用意されていますし、丼物も結構種類がありました。  さすが学生の街ですね。 券売機にもメニューが沢山ありすぎて、ご希望のメニューをなかなか探せません!! 管理人はチャーシューをトッピングしようとしたのですが、「チャーシュー」のボタンが 全然見つからなかったので、今日は勘弁してやることにしました。。。 今日は「飯」氏は「味噌ネギラーメン」、「ACE」氏は「ラーメン+のり+ほうれん草」+「生ビール」、「難」氏は 「チャーシューメン」+「生ビール」、管理人は「武士つけ麺」をご注文です。 今日管理人がご注文した「武士つけ麺」ですが、つけ汁は流行りの豚骨+魚介のつけ汁です。 粘度は思ったほど高くない ですね。 最初にスープを一口。 うん、まいう〜です!! この手のスープが登場してから大分時が経ちますが、「六厘舎」「頑者」などの有名店の味にかなり近づいているような気がします。  もう家系の店でもこの味が出せるようになったのですね。 管理人はこの味は好きです! そしてこれに合わせる麺が特徴的です。 もうこれは「平打麺」を通り過ぎて「きしめん」と言っていいでしょう!  麺の幅は7mm位はあったのではないでしょうか。 実は管理人は無類のきしめん好き! ということでこの麺も管理人にはジャストミートです! 歯ごたえもありますし、適度に縮れているので、 スープとの絡みが非常にいいですね。 こりゃーなかなかいいつけ麺でした! 他のネギ味噌なども「飯」氏に聞いてみると、コッテリ味噌の感じで結構まいう〜とのこと! これはまたご来店しても いいかもしれません! でも次回本厚木に来るのはいつになることでしょう。。。

神奈川県厚木市旭町1-25-5 全日空ハピネスビル 1F Tel.046-228-7156
オハナ堂
本厚木店


店の外観

濃厚野菜豚骨
ラーメン

魚介豚骨ラーメン
ネギトッピング

豚骨醤油、つけ麺等

<2013.05.04>
今までほとんど足を踏み入れたことのなかった本厚木ですが、最近では1年の1度位来るようになりました! というのも最近、平井武士というとてもすばらしいギタリストのコンサートを本厚木の会場で実施するからなんです。 今回ももちろん 平井武士のコンサートが開催されるため、本厚木にやって参りました! 前回本厚木でのコンサートに来たのが去年の6/23ですから、約11か月ぶりとなります。 前回もコンサートが始まる前にラーメン屋で腹ごしらえをして、その後に コンサート会場へと向かいました。 今回もまずは腹ごしらえ、ということで本厚木周辺のラーメン屋に行っときました!

本日は「飯」氏と2人でご来店です〜。 今日も事前にラーメン屋をチェックしていきました! やはりどうせ行くんだったらまいう〜ラーメンを食したいですよね〜。 ということで食べログで評点の高い店からチョイスすることにしました。  今日ご来店のこのお店は2013.05.02時点で3.43でなかなかの評価です。 ロケーションですが、本厚木駅の東口というちょっと小さな改札口から出てすぐ右手になります。 東口から出れば約1〜2分で到着します。 店はビルの1階に入っています。  看板が大きく出ているのですぐに認識できると思います。 お店の外観は普通の感じですが、看板の字体が少し「あいだみつを」のような感じの字体になっており、文字が読みにくいです。 店内に入りますと左手に券売機があり、そこで食券を購入して 席に着きます。 席はカウンター席がメインのようですが、奥の方にはテーブル席もありました。 でもカウンター席が結構広々としていたので本日はカウンター席に着席しました。 店員さんは男女1名づつで二人ともお若い方でしたね。  多分この店はチェーン店なのかもしれませんが、ラーメンを作る際に「麺入れます〜」「○○します〜」というように声を掛けながらやっていました。

こちらのメニューですが、メインは濃厚豚骨ラーメンと思われます。 その他あっさり豚骨ラーメン、魚介豚骨ラーメン、黒豚骨ラーメン、つけ麺等があります。 豚骨が中心ではありますが、メニューは豊富です。 本日は「飯」氏は「魚介豚骨 ラーメン」にネギをトッピングしました。 管理人はメインの「濃厚豚骨ラーメン」を頂きました。 ご注文から約5分ラーメンが到着しました。 「飯」氏の魚介豚骨ラーメンですが、トッピングのネギが大盛で、ラーメンの様子が全然分かりません(笑)  でもこれくらいトッピングしてくれるとうれしいですよね〜。 管理人の「濃厚豚骨ラーメン」は、スープの色は白いですね。 どちらかというと博多のトンコツに似た色をしています。 まずはスープを一口。。。 うんなかなかまいう〜じゃないですか。  ちょっと今まであまり食したことのないスープかもしれません。 博多トンコツのようでもなく、横浜家系のトンコツでもなく、両者を足して2で割ったような感じでしょうか。 表面には結構脂分が浮いているので相当に濃厚なのかと思いましたら、 そこまで濃厚ではないです。 女性でも普通にいただけるようになっています。 表面には茹でモヤシ&キャベツとネギ、チャーシューが1枚乗っていますが、このスープと野菜を一緒に頂くととてもまいう〜ですね。 更に麺を一緒に食すると とてもいいです! そうそうこの麺ですが、普通博多トンコツですと、細麺のストレート麺ですが、こちらのは中麺のちょい縮麺になっています。 なかなか麺とスープは合うと思いました。 本厚木のラーメン屋を制覇したら、またきてみようと思います。

神奈川県厚木市泉町2-1 Tel.046-229-7399
ZUND-BAR
あっさり醤油、塩

<2005.09.09>
有名な中村屋の店主の兄弟がやっているお店です。味も醤油とか塩の味を味わうのではなく、魚や様々な素材のダシの味を楽しむ感じ。 最近はこういのがはやりですね。 嫁は普通の鶏油らーめん、管理人は真空平打麺で食べました。  スープはもういうまでもなく絶品です(スープ飲み干し完了!)。 このスープだったら真空平打麺じゃないほうが合うと思いました。 その他たまごご飯というのがあって、ダシとマヨネーズとゆで卵を併せたようなものがご飯の上に乗っています。  管理人は結構好きな味です。

神奈川県厚木市七沢1954-1
大和市
奨 中央林間

店の外観

細麺らーめん

太麺らーめん
チャーシュー追加

雑炊

豚骨魚介、辛味、つけ麺

<2013.12.19>
本日は会社のグルメ連合の「真」氏とご来店です。 まったく何で中央林間にはまいう〜ラーメン屋が集まるのでしょう。 とても羨ましいです! 今回ご来店したお店は、本店は小田急相模原近辺にある有名店。 その店が中央林間に支店を出したんだそうです。  オープンしたのは12月15日ということでしたので、まだオープンして4日目ですよ。 まだ入口付近には花束も飾ってありました。 お味のほうはプレオープンで味見済の「真」氏の御墨付きなので、全く心配なしです! なんでもスープは豚骨+魚介なんだそうな。  この手のスープは本当にまいう〜ですよね〜。 かなり期待大です!

お店は東急田園都市線、小田急江ノ島線の中央林間駅から徒歩5分弱。 お店の外観はラーメン屋とは思えない位オシャレな感じです。 もしかしたら「ラーメン」という幟がなかったら、喫茶店と間違えてしまうかもね。 ちなみにお店の名前は「奨」と書いて 「たすく」と読むそうです。 辞典で調べても「たすく」という訓読みが出てこないので、当て字なのかもしれません。 間口は割と狭めですが、奥行きのある店内です。 入口を入ると左側に券売機があり、ここでチケットを購入して席に着きます。  ご来店時間が18:30頃と少し早めだったので、並ばずに座れましたが、我々が食し終わる頃には外で待っている人がいました。 結構人気があるみたいですね^^ 中に入りますと、白と黒でまとめられた店内。 とてもおしゃれです。 カウンターはL字型を しており8席ありました。 奥には4人掛けのテーブルが1台ありました。 間口は狭いですが、キャパシティはなかなかのものです。 以前何かのテレビで見たことがあるのですが、流行るラーメン屋ってのは、このお店のように奥に長く、お客さんが 椅子に座ったときに、背中にあまり空間ができないほうが良いんだとか。 そういえばまいう〜なお店は結構そういうお店が多いかもしれません。 あと少し驚いたのが、女性客が結構多いということですね。 ラーメン屋っていうと汚いオッサンが入る イメージ(?)・・・ 汚くなくても男性が入る店というイメージがありますが、やはりお店のオシャレなイメージが一役買っているのかもしれませんね。

さて、メニューのほうですが、メインとなるのは、豚骨+魚介スープのラーメンのようです。 他にも辛味、つけ麺などもありますが、券売機のボタンの配置などを見ると、一押しはやはりラーメンのようです。 ラーメンのほうは細麺と太麺で分かれています。  食べ比べたわけではありませんが、多分スープは同じかな!? スープは豚骨、鶏ガラ、鰹節、煮干しなどを使用して、極秘の配合バランスで仕上げているんだそうです。 あとこのお店の特徴の1つとして「雑炊」というメニューがあることでしょう。  管理人はよく半ライスの上からラーメンの残り汁をぶっかけてオリジナル雑炊を作ることが多いですが、そんな即席雑炊とは全然違います。 ちゃんと手をかけて作ってくれるんです。 また後程ご紹介しましょう。

今日は「真」氏は「細麺らーめん」+「雑炊」、管理人は「太麺らーめん」+「チャーシュー追加」+「雑炊」をご注文〜。 ご注文から約5分強で配膳されました。 最初のほうは大将一人しかいなかったこと、まだ開店して間もなく手際もぎこちない!?等から 少し時間がかかっていました。 でも途中から女性の店員さんが加わったのできっと大丈夫なことでしょう! さてまず目を引くのが底の深い器でしょう。 最近このような底が深くて、入口が狭い器のお店がありますが、個人的には食べにくいです>_<  このような器は何かメリットはあるのでしょうか。 冷めにくいとか・・・どうなんでしょうね〜。 まぁ細かい話なので全然問題なしです! まずはスープを一口・・・ おお〜〜〜、超まいう〜! 色々な豚骨+魚介を食してきましたが、これはまた初めての味ですね。  確かに豚骨+魚介なのですが、何か隠し味というんでしょうか、奥深い味がしますね。 特に魚介のほうに複雑さを感じます。 これが「極秘の配合」の成果なのでしょう〜。 コッテリorアッサリとどちらか? と問われると若干アッサリ目のほうではないかと 思います。 少なくとも表面に脂が浮いているなんてことはありません。 あと醤油ダレの味は少し濃い目に作ってあります。 「真」氏はプレオープンのときに少ししょっぱかったということで、今日は薄目にしてご注文しておりました。  いや〜、これはまいう〜なスープですね〜。 このスープに合わせる麺は太麺の縮れ麺です。 スープとの絡みもよく麺自体の味もまいう〜ですね。 「真」氏の細麺のも見せてもらいましたが、いわゆる博多ラーメンのような極細ではなく、一般的には中麺位の 太さと思います。 具材はネギ、海苔、シナチク、チャーシューです。 ネギは細長く切った感じでした。 シナチクも大変まいう〜! チャーシューは厚みがあり、肉と脂の比率は8:2位と肉の部分が多いですが、肉の部分が柔らかく煮込まれており、これならば 歯がなくても大丈夫です。 味もよく染み込み抜群にまいう〜です! さて最後の仕上げは先ほど少しふれた「雑炊」です。 ラーメンの汁を少し残しておきまして、その汁を使って雑炊を作ってくれます。 雑炊の料金は250円なのですが、値段以上に手間がかかっています。  汁を手鍋に移し、その中にご飯、溶き卵を入れてくれます。 溶き卵はフワトロですよ。 これはタマラン! 加えて角切りにしたチャーシューも少し入っています。 そもそもスープが上質なので美味いに決まってますよね^^ ただ1点残念なことが・・・  よく管理人はやるのですが、雑炊一口目で舌を火傷しちゃいました>_< 油断してました^^; しかし、この店はリピート確定ですね。 辛味というのも食してみたいですし、つけ麺も行ってみたいです。  このスープだったらつけ麺がまいう〜なのは間違いないですよ。 御馳走様でした〜。

神奈川県大和市中央林間3-4-7 TEL.046-272-8787
麺屋のすけ

らーめん黒

三種盛合せ

丸秘トッピング
豚トロ

ネギチャーシュー飯

味噌ラーメン

トンコツ

<2011.05.25>
本日は会社の武蔵中原グルメ連合の「真」氏「木」氏と中央林間ツアーです。 中央林間はまいう〜な店が多くて最近のお気に入り街の一つです。 前回は鶏料理のまいう〜な「鳥つね」にご来店。  その前は寿司がまいう〜な「なかみぞ」。 まさに食の宝石箱や〜。 ということで本日やってきたのは「真」氏お勧めの豚骨ラーメンのお店です。 東急田園都市線と小田急江ノ島線の中央林間駅から 徒歩5分で到着します。 店の隣には煙もうもうたちこめる焼鳥屋さんがあります。 こっちも気になります〜。 さて今日のお店は外観は至ってシンプル。 間口はそんなに広くありません。  看板は白地に黒い字で店名が書いてあります。 ドアの横にはメニューを紹介する壁紙が貼ってあります。 店内はあまり広くありません。 カウンターのみで7席位でしょうか。 席数に比べ店員さんは 3人と少し多めです。 店内は木造で落ち着いた雰囲気で好印象です。

さて、こちらのメニューですが、4種類ありますが、全て豚骨ベースです。 白と呼ばれる普通の豚骨ラーメン、赤と呼ばれる辛い豚骨ラーメン、黒は豚骨+魚介ラーメン、最後が豚骨醤油ラーメンです。  今日は「真」氏は豚骨醤油を、「木」氏と管理人は黒をご注文です。 あとサイドメニューも盛大に頼みました。 ビールや3種盛合せ、ネギチャーシュー飯、マル秘トッピングってのもご注文。  このマル秘というのは日替わりで複数種類から一つを選ぶようになっています。 細かくは忘れましたが、ノリや豚トロ、ネギ等々、全部で8種類位はあったと思います。 あと注文のときに、 麺の太さ(太麺or細麺)や味の濃さ、赤を頼むと辛さもお好みで調整できます。 さて席につくと、まずは3種盛合とビールが運ばれてきます。 3種盛合せはチャーシュー、煮玉子、シナチクの3種。  やはりラーメン屋のおつまみは本当にまいう〜です。 さてビールでのどが潤ったところでメインのラーメンがやってきました。 とんこつの白いスープに魚粉の黒さが加わった濃厚スープです。  まずはスープを一口。 うん! まいう〜です! トンコツはマイルドなタイプで魚介の味がいいアクセントになっています。 以前食した麺屋武蔵神山や節骨ラーメンに少し似ているような気がします。  最近トンコツ+魚介のスープは流行りですよね。 管理人もこの手のスープは非常に好きです。 スープのトンコツは結構濃厚でほんの少しだけトロみがある感じ。 スープを飲みだしたら美味すぎて止まりません!  一方これに合わせる麺ですが、今日は太麺で注文しましたが、麺がまたまいう〜ですね〜。 少しモチモチしたような少しチャンポンの麺にも似た太麺ストレートです。 茹で加減は普通でお願いしましたが、 管理人には丁度良い感じ! あとチャーシューが一枚乗っていますが、このチャーシューまいう〜ですね〜。 肉:脂=7:3と肉のほうが多いタイプですが、肉が柔らかく味がしみ込んでいます。  チャーシュートッピングは2枚か4枚の2種類ありましたが、2枚位追加しといてもよかったかなと思います。 また丸秘の豚トロですが、焼肉屋でよく見かけるアレです。 本当に豚トロ! ラーメンに 豚トロ乗せるって、ありそうでなかったですよね。 スープに浸して食すると本当にまいう〜です。 こりゃー、いずれは、赤や白や豚骨醤油も制覇しなければなりませんね!!

<2012.01.25>
今日は久々に中央林間の「なかみぞ」に来まして、その帰りです。 久々に中央林間まで来たということで、ここまで来たからには、かねてより「真」氏から聞いていた「のすけ」の期間限定メニューを食べないわけにはいきませんよね!  ということで、今日は期間限定メニューの「味噌ラーメン」をご注文です。 厳密にいいますとメニューは「味噌ラーメン」と「辛味噌ラーメン」に分けられます。 しかしながら管理人の好みから言って辛いラーメンはあまり得意ではないので、 今日は普通の「味噌ラーメン」にしておきました。 券売機でチケットを購入し、席に座ると、店員さんから「太麺、細麺、平打麺のどれか選べます」とのこと。 管理人は迷わず平打麺をご注文! チケット購入後、約8分強で配膳されました。  混んでいるとはいえ、少し遅いかなと思いましたがその理由はすぐに分かりました。 麺が太いです。 通常平打麺といいますと、幅は多くても2mm位ですが、ここの平打麺は3〜5mmもあるではありませんかっ! これはラーメンというより 完全にきしめんです! 管理人はうどんもきしめん好きなので、この麺はジャストミートです! 歯ごたえも良好でまいう〜です。 これに合わすスープは濃厚味噌スープです。 味噌の複雑度はそんなに高くなさそうに見せて、実は結構複雑です。  スープは味濃い目なんですが、ただしょっぱいだけでなく、大豆の旨味がよく出ています。 しかもスープだけを飲むと濃く感じますが、麺と一緒に食すると調度良い案配。 相当練られたラーメンです。 トッピングは茹でモヤシと千切りキクラゲ、 それと刻んだチャーシューです。 このトッピングのバランスも言うことなしです。 久々の満足味噌ラーメンでした。 次回はちょっと苦手だけど、辛味噌いってみようかな。

神奈川県大和市中央林間3-4-17 TEL.046-283-1333
ラーメン岩佐

太麺野菜盛り

塩、醤油、つけ麺

<2011.10.26>
本日は久々に中央林間にやって参りました。 本当に中央林間はまいう〜料理屋の多い駅です。 今回一次会で訪れたお店は串揚げのお店です。「串呑」というお店。 串揚げといいますと二度付け禁止の大阪風ですが、 今日のお店はもっと上品です。 今考えると、串揚げの店もHPに掲載すればよかった… 非常にまいう〜なお店でした。

今日は「真」氏と本HPで初登場となる「船」氏と二次会というか、〆といいますか、そんな感じでほろ酔いでご来店です。 ご来店の時刻は21:30過ぎでしたが結構混んでます。 かなり人気のあるお店のようです。  お店のロケーションとしては、小田急の駅改札から徒歩5分位ですが、そんなに人通りの多い通りではありません。 この環境でこんなに混んでいるということはまいう〜店に決まっています。 店内はカウンター席のみで9席くらい。  こじんまりとした感じです。 こちらのメニューは大きく分けて塩、醤油ラーメンと醤油つけ麺に分けられます。 更に塩ラーメンの麺は細麺、醤油ラーメンの麺は太麺となっているようです。

今日は混雑のため管理人は二人とは少し離れたところにソロで着席しました。 今日は管理人は太麺野菜盛りをご注文。 食券を提示して約5分位で配膳されました。 これだけ混雑してて、こんなに太い麺なのに、5分で配膳はかなり 優秀だと思いました。 実は先程言い忘れましたが、今回注文の太麺野菜盛りラーメンは二郎ナイズされたラーメンなんです。 麺の太さや野菜の盛り方はまさに二郎系。 ですがスープはそんなにこってりではないため、女性や 年配の方にも安心です。 スープは豚骨メインで背脂も浮いていますが、前述の通りあっさりしています。 ですがしっかりコクが効いている不思議なまいう〜スープです。 麺はこれまた二郎系のように断面が四角形の太麺です。  ほんの少し縮れています。 歯ごたえは抜群です。 麺は結構パンチのある麺なのですが、スープはそれに負けてません。 あっさりしたスープだとこれだけの麺と合わせると物足りなく感じることが多いのですが、 ここのスープはあっさりの中にもしっかりとした旨味が出ているため、麺と調和しているのでしょう。 ちなみにラーメンの配膳と同タイミングでタレのかえしの容器もカウンターに置いてくれます。 味が薄いと感じたら、かえしを入れれば 大丈夫です。 管理人も山盛り野菜をスープにつけた後に、かえしを入れてみましたが、非常にいい感じにスープが復活します。 こりゃーなかなかのまいう〜ラーメンです。 あと刺激的だったのがチャーシューですね。  この肉塊はチャーシューと言っていますが、管理人的には角煮ですね。 味付けは香辛料を使った味付けで味が染みてて、かつ超やわらか!! 肉増しにしとけばよかったと思うほどまいう〜です。 「真」氏はつけ麺をご注文していましたが、 これがまた美味そーーー!! 次回は絶対につけ麺を食します!!

神奈川県大和市中央林間5-1-9  TEL.非公開
中村屋
あっさり醤油、塩

ここもテレビ、雑誌で有名です。管理人も1時間半並んでやっと入れました。でも1時間半並ぶだけあって、メチャメチャ美味いです。七輪で炙ったチャーシューや、非常に旨みの利いたスープ。。。もうとりこです。

神奈川県大和市下和田1207-1
葉山町
あじ平 長柄店

味噌ねぎ
チャーシューめん
バタートッピング

味噌チャーシューめん

味噌デラックス
ラーメン

カレーラーメン

青ネギラーメン
味噌、醤油、塩

<2010.05.22>
本日も森戸海岸での釣りの帰りにやってまいりました。この店の存在は以前から知っていたのですが、管理人の勘違いで、 以前鹿嶋で同じチェーンを食したことがあると思っており、そのときの味が可もなく不可もなくという感じだったので、 あえて敬遠していました。今回は、もう腹が減ってどーしようもないので、意を決してご来店した次第です。

店の外観は、おせじにも綺麗・・・とはいえません。木造の昔ながらの感じを意識しているのは不明ですが「ラーメン」の 看板だけが新しいです。また看板がなければラーメン屋であることが分からない感じです。店内もお世辞にも新しいとは言い難いですが、 ちゃんと清潔にしているのが分かります。また店内はかなり広く、カウンター席はぱっと見では数えられません。  多分10席以上は間違いなくありそうです。これに加え、窓側は全て4人掛けのテーブル席になっており、このテーブルも5,6個は あったでしょうか。収容人数はラーメン屋にしてはかなり広いと思います。

メニューは基本メニューが並びます。味噌、醤油、塩があってそれぞれにトッピングをする感じ。  本日は「岡」氏が「味噌ねぎチャーシューめん」にバターをトッピング。「増」氏は味噌チャーシューめんです。  注文してから約10分弱でラーメンが運ばれてきました。 写真をご覧頂くと分かりますが、このお店のラーメンは「鉄鍋」に 入って出てきます。 当たり前ですが、この鉄鍋を触ると非常に熱いです。ラーメンが冷めないようにとの配慮がうれしいところですが、 本日の気温は28℃くらいはあったでしょうか。 更に日焼けが激しく、ラーメンを食べると汗が全然止りません!!  暑がりの管理人には厳しいですが、お店の善意はしっかり受け止めておきたいと思います。 さて、ラーメンのほうですが、 味噌のスープは非常にオーソドックスで昔ながらの味噌の味がします。 おそらくダシは魚介系でそんなにダシが前面に出る感じではなく、 あくまで主役は味噌のほう。 白ゴマ黒ゴマがふりかけられ、これが味噌の味を引き立てます。 味噌の複雑度は中程度で、 バランスよくまとまっています。こちらの味噌は管理人好みで非常に良いです! これに合わせる麺は中太の縮れ麺です。  やはり味噌ラーメンにはこの麺がよく合います。 麺も味噌スープとよく絡み、大変美味しいです。 またトッピングのチャーシューですが、 大型で厚めに切ってくれているのが写真でもよく分かるでしょう。 このチャーシューは適度な柔らかさで、 スープにつけて頂くと非常にまいう〜です。また「ねぎ」のトッピングは、辛いタイプの「ねぎ」です。  「岡」氏はこの辛さで更に汗が止りません!! 今日も味噌スープは全部飲み干してしまいました。  でも、それほど安心してまいう〜に頂けるということです。 また森戸海岸の帰りに寄りたいと思います。

<2010.10.23>
久々にご来店しました。 いつも駐車場が一杯だー。。。と思ってスルーしていたのですが、良く見たら奥のほうにまだ駐車場がありました。  今日は満を持してのご来店です。 時刻は15:00頃ですが、割とお客さんが入っているんですよね。  そういえば近くにあった「前略」というラーメン屋が閉店したので、その客が流れているってのもあるかもしれません。

今日も釣りの帰りで「飯」氏とご来店。 前回は味噌チャーシューだったけど今日は何にしようかな。。。 メニューを見ると「カレーラーメン(小ライス付き)」などという魅力的なネーミングのラーメンも・・・ でも、今日は久々のご来店なので、前回もまいう〜だった「味噌チャーシューメン」をご注文です。  「飯」氏は・・・なななんと! 1,450円もする「デラックスラーメン(味噌)」をご注文!!  メニューを見ると「デラックスラーメン」とか「スペシャルスタミナラーメン」とかネーミングではどのようなラーメンか 想像できないものもありましたが、それぞれ店員さんに聞いてみると「デラックスラーメン」はいわゆる全部乗せラーメンなんだそうです。  チャーシュー、メンマ、コーン、ワカメ、タマゴ、バター等々、一方の「スタミナラーメン」はチャーシュー、タマゴ、ニラ等が 入っているそうです。 いやいや、今日もやっぱりこの濃厚味噌スープはまいう〜でした。 「飯」氏のデラックスラーメンは、 出てきたときに器のサイズが一回りデカイんですよね。 最初は「大盛り」!? と思うほどでしたが、これはトッピングが多すぎて、 普通の器だとはみ出しチャンピオンになってしまうからだと思われます。 しかし見た目から非常にボリューミーです。  「飯」氏曰く「これは20歳代の体育会系の人の食べ物だ」と・・・ ダイエット中の管理人はしばらく食べれそうもありません。  次回は気になっているカレーラーメンをご注文したいと思います。

<2010.11.03>
前回から一週間ちょいで再来店です。 今日も森戸海岸での釣りの帰りにご来店です。 前回は味噌チャーシューメンをご注文しましたが、 今回はそのときにメニューで見つけたカレーラーメンを食そうと決めていました! 「増」氏は予定通りカレーラーメンをご注文! 「岡」氏は 「青ネギラーメン」をご注文。ちなみに「青ネギラーメン」は期間限定の品です。

まずはカレーラーメンのご紹介です。そうそうカレーラーメンには半ライスが無料で付いてきます。なぜカレーラーメンだけ無料で 半ライスが付いているのかは不明ですが、半ライスはいらないからその分値段を下げて欲しいと思いました。 ラーメンを一口頂くと、 濃厚なカレーのスープがまいう〜です。 このカレーの味付けはどうやって調合するんでしょうね。 よくできていると思います。  一番分かりやすい表現ですと、日清カップヌードルのカレー味の汁の味に近いです。  もちろんカップラーメンより濃厚で深みがあるのは言うまでもありません。 辛さも管理人には丁度良いですが、もしかしたらお子様には 少し辛く感じるかもしれません。 店によっては普通の醤油ラーメンの上に、カレールーをかけただけというラーメンも存在しますが、 そうじゃなくてほっとしました。 麺を全て頂いた後に、半ライスにカレースープをかけて頂きましたが、これがまたまいう〜なんですよね。  たまにはこういうラーメンもありだと思いました。 一方青ネギラーメンは醤油ベースで柚子がふってあるようです。 青ネギの刻んだものが 沢山かかっています。 なんでもこの青ネギは静岡県で無農薬で育てたものなんだそうです。 「岡」氏曰く「まぁこんなものかな」って感じ。 どうやら普通だったようです。 やっぱしこの店は味噌ラーメンが一番いいのかもね。

神奈川県三浦郡葉山町長柄4-2 Tel.046-875-4234
ラーメン道 前略
(閉店)


トンコツ醤油
チャーシューメン

味噌、醤油、塩

<2010.04.24>
本日も森戸海岸での舟釣りの帰りにやってきました。前回は釣り場に程近い店に行きましたが、今回はまた別の店にご来店です。ちょうど森戸海岸に行くときに「こんなところにもラーメン屋がっ」と行きの途中で見つけたところです。店の名前が変わっていますね。そして、店名の意味が全く不明です。

管理人は横須賀に住んでいたので、葉山も地元みたいなものですが、このラーメン屋は昔からあったのかどうかは定かではありません。店の外観はそんなに新しい感じがしませんで、きっと10年以上はやっているんだろうなぁ。という感じ。赤い看板に店名が書いてあります。なんと、後で気づいたのですが、対面には「あじ平」というラーメン屋がありました。店内は、カウンターに8席位、あと4人くらいが座れる座敷もありました。まぁ広さとしてはラーメン屋としては標準かな。でも、赤いテーブルが少しはげかかっていたり、結構懐かしい感じのするラーメン屋さんです。テーブルの上でには、ラーメン雑誌に紹介されたときの記事が貼ってありました。 紹介されるだけあって、ご来店時間が15:00という中途半端な時間だというのに、お客さんがいっぱいいますし、後から後からお客さんが来ます。結構繁盛しているようです。

メニューはトンコツがベースと思われますが、醤油、味噌、塩があります。本日は「岡」氏と参りましたが、2人共ベーシックなトンコツ醤油のチャーシューメンをご注文です。注文してから10分弱で、愛想の良い大将が出してくれます。見た目は普通のトンコツ醤油に背脂を振った感じ。変わっているのは、キクラゲの千切りが入っていました。スープを一口頂くと、割とマイルドな感じのスープです。特に背脂で脂っぽいなどということはなく、どちらかというと、サッパリ感のほうが強いかもしれません。というより、スープに複雑さというか豚骨の味というか・・・少し足りないような気がします。まぁ個人の好みなので良いのですが、個人的にはもっとコッテリして、複雑な味が良いと思います。麺は、中太の縮麺です。麺も割りと普通な感じ。チャーシューなども普通にまいう〜に頂ける感じですが、最後に「岡」氏とも言っておりましたが、可もなく不可もなくといった感想でした。 決してずいま〜なのではありませんが、あまり特徴がないという感じかもしれませんね。

神奈川県三浦郡葉山町長柄45 Tel.046-894-6866
海豚
(閉店)

味噌らーめん

ネギ辛味噌らーめん

餃子

炙りチャーシュー

ピリ辛チャーシュー丼

ジャンボ餃子

つけ麺(大盛り)

醤油ラーメン

塩ラーメン
味噌、醤油、塩

<2010.04.03>
本日は森戸海岸での舟釣りの帰りにやってきました。舟釣りは朝の7時から15時まで食事抜きでぶっ続けで行うため、 もう腹が減ってしょうがありません! 本当は逗子のほうに出て何かまいう〜なラーメン屋でも行こうかと思っていたのですが、 海岸から駐車場に戻る際に「ラーメン」の幟が出ていたので「ここにすっか!」と即決です。

本日は「岡」氏とご来店です。こちらのお店は「葉山館」というホテルの1Fにあります。この葉山館はリニューアルしたばかりで、 非常に綺麗です。しかも森戸海岸までは徒歩3分と、夏の海水浴シーズンには非常に重宝するのではないでしょうか。さてさて、 そんな葉山館の1Fにあるここ「海豚(イルカ)」(旧名:葉山餃子 たまき屋)ですが、ラーメンの幟がないと、 ここがラーメン屋なのか分かりません。まぁホテルの1Fなので、真っ赤なデカイ看板などはNGだと思いますので、 これはしょうがないですよね。店の外にはショウウィンドウがあり、そこには「葉山餃子」って書いてあります。 きっと餃子に自信があるお店なんだと思います。店の外観はちょっと街の雑貨屋さんといった感じですが、店内に入ると、 中は喫茶店のようです。ラーメンには不可欠なカウンターはなく、全てテーブル席です。4人掛けのテーブルが2つ、 2人掛けのテーブルが3,4つです。まぁ海水浴場が近いということで、大人数でのご来店も多そうなので、レイアウトが このほうが都合が良いのかもしれませんね。

ここのメニューは醤油、味噌、塩がメインです。メニュー名としては「味噌らーめん」「ネギ辛味噌らーめん」「野菜みそらーめん」 「醤油らーめん」「塩(ゆず入り)らーめん」があります。これに餃子とご飯がつくセットメニューもあります。他にも丼物のメニュー、 葉山餃子もありました。なんと葉山餃子にはジャンボ餃子もあるそうです。今日は腹が減っているので、2人共、御飯(おかわり自由) +餃子(6個)がついたセットをご注文です。「岡」氏は大好物の「ネギ辛味噌らーめん」のセット、「増」氏は「味噌らーめん」の セットに更に「炙りチャーシュー」を一枚追加です。注文してから出てくるまでは結構早くて、ものの5分くらいで運ばれてきました。 そうそうメニューを見ると、味噌ラーメンのスープはトンコツスープを使用しているそうです。楽しみです。一口スープを頂くと、 まろやまなトンコツスープに味噌の味がマッチしたまいう〜味噌スープです。味噌の複雑度は中程度ですが、なにかクリーミーな感じが しました。個人的には好きな味付けです。これに合わせる麺は意外にも少し細めの平打ち麺です。結構縮れているのですが、 この縮れ方はもしかして自家製麺か!? スープとの絡みもよく非常にまいう〜だと思います。さて、次は葉山餃子ですが、 少し小さめの餃子が6個あります。個人的にはジャンボ餃子が気になっていたのでしたが、ジャンボ餃子はセットにはなっていなかった模様。 さてこの餃子ですが、これっていう特徴は正直見つけられませんでしたが、まいう〜なのは間違いありません。美味けりゃ特徴なんて なくても全然問題ないと思います。これなら次に森戸海岸にきたときにリピートしても全然OKです。次は醤油か塩かどちらかを 試してみたいと思います。

<2010.06.05>
日付を見ると約2ヶ月ぶりのご来店になりますね。前回は味噌ラーメンを食しまして、非常に好印象だったことと、 今日は何しろ腹が減ってしまい、すぐに食事がしたかったということで、釣り場から徒歩3分で来れる「海豚」さんをチョイスした 次第です。

今回は前回気づかなかった「つけ麺」を食してみたいと思っていたのですが、注文する前に「今日はつけ麺は終わりました」と 言われてしまいました・・・ということで「増」氏は前回「岡」氏がご注文した「ネギ辛味噌らーめん」を、「岡」氏はラーメンではなく 丼物で「ピリ辛チャーシュー丼」をご注文。サイドメニューとして以前から気になっていた「ジャンボ餃子」をご注文しました。

まずは「ネギ辛味噌らーめん」からですが、相変わらず味噌のスープはまいう〜です。これに豆板醤であえたネギを少し浸していただくと、 ピリ辛味噌味に。シャキシャキしたネギに非常によく合います。またネギと一緒にチャーシューを短冊に切ったものも入っていますが、 カリッとしていてなかなか良いアクセントになっています。非常にまいう〜でした!  一方「ピリ辛チャーシュー丼」ですが、こちらは写真を見ると、普通のチャーシュー丼に見えるかもしれませんが、 チャーシューの下にピリ辛ネギが乗っています。チャーシューは前回注文した「炙りチャーシュー」と同じ感じで、 味付けを甘辛のタレで味付けしてあります。これは非常にまいう〜です。もう一つの「ジャンボ餃子」ですが、運ばれてくる前は どんなに大きい餃子が出てくるのかと思っていましたが、出てくるとビックリ・・・全然普通のサイズの餃子です。  餃子の王将の餃子のほうがデカイかもしれません。ですが味は普通にまいう〜です。ちょっとすごいのが、餃子の汁です。一口頂くと、 中から餃子の汁がほとばしります! 「岡」氏は顔に汁がかかり大ヤケド・・・「増」氏は足に汁が飛び大ヤケド。。。でもジューシーな 餃子という意味ではこの餃子は正解だと思います。個人的には名称を「ジャンボ餃子」⇒「ジューシー餃子」に変更したほうが 良いと思いました。

<2010.07.03>
今日も森戸海岸での釣りの帰りにご来店です。前回は「つけ麺」我等の前のお客さんでなくなってしまい、涙を飲んでおりましたが、 今日はバッチリです。「岡」氏「増」氏共に「つけ麺」の大盛りと餃子をご注文です。今日は雨が降ってしまいましたが、 この店では雨が降ると「雨の日サービス」ということで通常500円する餃子を200円で提供してくれるのです。  これはもう注文するしかありません。でもこの餃子は気をつけなければなりません! 肉汁がすごくて前回「岡」氏は顔を大ヤケド。 「増」氏は足を大ヤケドしたからです! 今日はこれまでに色々な災難があったので、もしかしたら今度は目を大ヤケドするかもしれません!  細心の注意を払って頂きました。さて本題に戻りますが、こちらのつけ麺のつけダレは、魚介とトンコツのダブルスープです。  スープの中には刻んだチャーシューやメンマなどが入っています。このスープは非常にまいう〜ですね。魚介が主張しすぎることもなく、 トンコツがしつこすぎることもなく、両者が完全に一つになっている感じです。これにあわせる麺は中太の平打麺で縮れています。  歯ごたえも良くコシがある非常にまいう〜な麺です。もちろんスープとの絡みも最高です。あとこの店で食したことがないのはあと醤油、 塩とスペシャルメニューくらいでしょう。次は何を食すか迷います。

<2010.09.20>
世間が夏休みのときは、店も混んでて、なかなかは入れなかったのですが、9月に入り大分お客さんの数も落ち着いてきたようです。  とはいえご来店が13時頃だったので、まだまだ混んでいる時間帯。 でも丁度ご来店のときに先客が会計を済ませていたので 運よくすぐに座れました。 今日はまだ食していないメニューを食してみたいな〜。と思ってメニューを見ると、なななんと オーソドックスな醤油ラーメン、塩ラーメンを食していないではないですかっ! ということで、今日は「岡」氏が塩ラーメンセット、 「増」氏が醤油ラーメンセットをご注文です。 ちなみに「セット」は頼んだラーメンに加えて、餃子6個+ご飯がセットで出てきます。 

ここのお店のラーメンには味噌、醤油、塩と3種類ありますが、それぞれにスープが異なるそうです。 味噌はトンコツスープ、 醤油は鶏がらスープ、塩は柚子風味。 なかなか手が込んでいますね。 さて醤油ラーメンが運ばれてきました。 いつもながら 非常に丁寧に作ってくれているのが分かります。 まずはスープを一口。。。うーん、なにかマイルドな感じとでも言うのでしょうか。  あまり食したことのない鶏がらのスープです。 この独特の味の広がりはなんでしょうか。 まだまだラーメンは奥が深いです。  一方の塩ラーメンのほうは、運ばれたときから柚子のかほりがいい感じ。 ちょっと管理人的には柑橘類を、料理に入れるのが あまり得意ではないのですが、これはきっと塩のさっぱり感を柚子が更に引き立てるような感じだと思います。 

まだ食していないメニューは2つありましたが、「冷」と書いてあったので、夏季限定メニューなんだと思います。  まっまた来年試せばいいですねっ!

神奈川県三浦郡葉山町堀内980
博多麺処弾助

白龍

赤龍

トンコツ

<2011.08.02>
以前「海豚」があった場所にそのままこちらのお店が入りました。 オープンしたのは2011年の7月だそうなので、つい最近オープンしたばかりですね。 どうやら「海豚」とは店の大将が異なるようです。  店の外観は、以前とあまり変わらず喫茶店のような感じです。 店内のレイアウトは以前と変わらないです。 でも前とテーブルや椅子は変わっていますね。 以前の椅子は籐で編んだような感じでしたが、 今はクッションのきいた柔らかい感じの椅子です。 また壁もすっきりしており、以前はメニューの写真などが貼ってありましたが、今はすっきり綺麗にしています。 でも喫茶店みたいなところはぬぐいきれないです。 

こちらのメニューは至ってシンプルです。 基本的には博多ラーメンの1種類のみ。 普通の博多ラーメンが「白龍」、それに辛いタレを追加したものが「赤龍」となっており、ラーメンとしては種類はこの2つのみです。  このほかに明太子ごはんやチャーシューご飯といったご飯物、あとは餃子の類もありました。

今日はシンプルに「飯」氏は「白龍」を、「増」氏は「赤龍」をご注文です。 麺が極細麺だからか、注文から配膳までが非常に短い(約5分弱)です。 途中にメニューを見て「背脂トッピング」があるのに気付いて頼んだのですが、 もうほぼ出来上がり寸前でギリギリセーフだったようです。 「白龍」はベーシックな博多トンコツで、「赤龍」は「白龍」に辛いタレを入れたものでこのタレを溶かなければ、普通の「白龍」を食しているのと同じだと思います。  まず辛タレを溶かずに一口頂きますと・・・ なんとっ! まいう〜! 結構レベル高いんではないでしょうか。 失礼ながらそんなに大きな期待はしていなかったのですが、良い意味でそれを裏切られました!  しつこすぎず、でもコク、深みが非常にあります。 また豚臭さも全くありません! このスープは豚骨を10時間以上煮込んでいるんだそうですよ。 またかえしにもこだわりがあるようで、この豚骨スープとかえしが絶妙な バランスを醸し出しているようです。 また辛いタレを溶かすと・・・ おーーーこれもまいう〜! 辛いタレとは言っていますが、そんなに舌がしびれるほど辛くはありません。 これはなんと表現すればよいのでしょうか。  「飯」氏が言ってましたが「一風堂」のラーメンに似ていると・・・確かに! 一風堂の赤いラーメンはこんな感じでした! これはかなりまいう〜ですね! これに合わす麺は超極細麺のストレート。 茹で方は博多の特徴をそのままに 「やわ」から「粉おとし」まで5段階で調節可能です。 今日は2人共「かた」でご注文。 いやいや、この麺はこのスープによく合いますね。 ストレートであるにも関わらず、スープが麺によく絡みます。 歯ごたえもバッチリです。  いや〜、しかしこの美味さには驚きましたね。 最近は健康を考えてスープ飲み干しの術は使わないようにしていましたが、今日はさすがに飲んじゃいました。 でもメニューが少なすぎるね。 もう1種類なにかあってもいいのではないでしょうか。  でも次もまたリピートは間違いないです!

神奈川県三浦郡葉山町堀内980 Tel.046-813-1236