だん家
〜FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店〜

今回ご紹介するのはビアホール。 管理人は初めて知ったお店なのですが、お店のHPを見ると東京を中心に、神奈川、千葉、埼玉に17店舗を展開している結構大きなチェーン店みたいです。  今回ご来店したのは横浜駅のISETAN飲食店街の中にある「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店」です。 相鉄線や横浜市営地下鉄の改札からほど近い場所にあります。 最近横浜駅の駅ビルも随分変わってきましたので、 すぐに迷子になってしまいます。 このISETANの飲食店街というのは比較的新しいエリアだと思うのですよね〜。 管理人は横浜駅は電車の乗り換え程度でしか使用しないのですが、今までこのようなエリアは見たことがありませんでした。 

このISETANの飲食店街は結構広くて色々なジャンルのお店があります。 今回ご来店した「だん家」さんはこの飲食店街の奥の方にあります。 新しいエリアだからなのか、相鉄JOINUS等と比べると人通りが若干少ない気もしますが、 朝の11時前からすでに行列ができているお店もありましたよ。 「だん家」さんの開店時刻は11時。 お店の外観は洋風でどことなくドイツ風な感じがしますね〜。 (ビアホールって聞くと、なんとなくドイツと思ってしまう^^;)  ショーウインドウを見ると、ハンバーグやステーキ、スパゲテーなどの食事メニューから、ビールに合いそうなソーセージ、鶏料理、ポテトフライなどのおつまみも並んでいます。 またビアホールだけあって、ビールもアサヒスーパードライ、 一番搾りなどの定番商品に加え、オリオンビールやクラフトビールなどもありました。 これはヨダレが止りませんね^^

お店はかなり広くて、テーブル席メインで136席もあるそうですよ。 単品料理だけでなくコースメニューも豊富に取り揃えているので、パーティーなどでも利用できそう。 ちょい呑みもできるしパーティーもできるし、家族でお食事もできるし、 使い勝手の良いお店ですね〜。 もちろんお味のほうもとてもまいう〜でしたよ。



お店の外観



〜2019.02.10〜
本日は久々に「岡」氏と昼ベロ(昼からベロンベロンツアー)にやってきました。 本当は昨日開催の予定だったのですが、あいにく関東地方に大雪の予報が出ていたので、日曜日に変更しました。 今週は3連休でよかった〜。  最初店を決める際に「岡」氏から川崎のソーセージのまいう〜なビアホール的な店の紹介があったのですが、すごく美味そうな店だったのですが、ビールが650円だったり、ソーセージの盛合せが2,500円だったり、 ちょっとお値段が高め(今管理人は貧乏・・・)だったので、他の店を探すことにしました。 でもこの「ソーセージ」ってのは非常にグッドチョイスだったので、食べログなどで「ソーセージ」「ビアホール」等色々なキーワードで 検索してみると、こちらのお店がヒット! ソーセージだけでなく他の料理も美味そうだったので、今回はこちらに決定しました〜。

お店の開店時刻が11時でしたので、開店と同時に突入することにしました。 今日はどうやら一番乗りだったようですが、12時が近づくにつれて、どんどんお客さんが入ってくるようになりました。  でも昼からビールお代わりしているのってやっぱり我々だけでしたね^^ でもこちらの料理はどれもなかなかに美味! どんどんビールが進んでしまいますね〜。

お食事の後は恒例のお散歩タ〜イム! これまで横浜周辺も桜木町や関内など色々散歩しましたが、今回は初の横浜駅〜東神奈川駅をブラリ。 しか〜し、散歩開始10分位でハプニングが〜! どうやら「岡」氏がスマートホンをお店に忘れちゃったみたい。  ということで途中でお店に引き返し、もう一度別ルートで東神奈川までブラリしていきました。 しかし横浜駅の東口などは昔、代々木ゼミナールに通っていた頃と大分変わっていましたよ。 まぁ30年も経てばさすがに変わりますよね〜。


「ビールで乾杯〜」

ビアホールに来たのですから、まずはビールで乾杯です。 今日の一杯目は「岡」氏がキリンの一番搾り、管理人はアサヒスーパードライです。 普通生ビールって1種類、多くても2種類位しか置いてないですが、さすがビアホールだけあって、 ビールの種類が豊富です。 他にもプレミアムモルツやエビスビール、オリオンビールなどもありますし、クラフトビールでは469ヨンロクキュー、よなよなエール、ブルックリン・ラガー、常陸野ネスト ホワイトエール等聞いたこともないような ビールもありました。 今回はアサヒスーパードライの他に、オリオンビールも頂きました。 クラフトビールも飲んでみたかったのですが、値段が高いので却下です>_<

「シーザーサラダ」

こちらもいつもご注文するシーザーサラダです。 大体どの店に行ってもメニューにありますが、どこの店行ってもまいう〜なんですよね〜。 山盛りのレタスにトマト、クラッカーが降りかけられ、一番最後に粉チーズが廻しかけられています。  このチーズとドレッシングがまたまいう〜なんですよね〜。

「ポテトフライ」

こちらは定番のポテトフライです。 最近、国分寺連合で宴会をすると必ずご注文する浮ついたメニュー。 これがまいう〜なんですよね〜。 こちらのポテトは細いタイプですが、お皿に山盛りでした。 でもあまりの美味さに今回も お代わりしてしまいました。 やっぱりポテトはまいう〜ですし、ビールと合いますね。

「ニシンの酢漬け」

こちらのお店のメニューは肉料理がメインなのですが、その中で魚料理を発見! こちらはニシンの酢漬けなんです。 ニシンの横にはクリームチーズとキャベツの千切も添えられています。 もちろんニシン酢漬けをそのまま食しても まいう〜なのですが、このクリーズチーズと一緒に食すると更に美味さが増しますね! この食べ方は大発見です。 チーズが加わることによってより洋風の味付けになってビールとも非常に合うようになっています。

「ソーセージの盛合せ」

こちらが本日一番食したかった「ソーセージ」です。 メニューを見ると、サイズが2種類(LサイズとSサイズ)ありました。 Sサイズのほうは2〜3人前で990円なのに対して、Lサイズのほうはなんと2,200円位していましたよ。  ちょっとLサイズはお高いのでSサイズをご注文〜。 すると色とりどりのソーセージが5本入ったお皿が到着〜。 一応全種類食しましたが、もはやビールが廻ってて、どれも味の違いが分かりませんでした。 相変わらずのバカ舌です。 

「骨付き鶏の旨辛焼き」

こちらは鶏を焼いたやつです。 最近この料理をよく見かけるようになりましたね。 以前香川県に行ったときに、香川のご当地料理として食したのが最初だったのですが、その後に「ガブリチキン」というお店に行ったときも、 これと同じ料理を頂きました。

親鳥とひな鳥で食感が全然違うのですが、こちらの「骨付き鶏の旨辛焼き」は歯ごたえ抜群でコリコリしているので、多分親鳥を使用しているのだと思います。 味付けはスパイシーで丁度良い味付けです。 キャベツをザク切りしたものが 添えられてくるのですが、肉をハサミで切り分けて、小さくなった肉をキャベツに挟んで頂きます。 スパイシーなのでこれまたビールに良く合うんですよ。 なかなかこちらのお店のメニューは秀逸ですね。

「マルゲリータ」

ここで初の粉もの、ピザを頂きました。 チーズ、バジル、トマトのシンプルな組合せ。 管理人はゴチャゴチャ色々なものが乗っているピザよりも、こういうシンプルなピザが大好きなんですよね〜。 チーズはタプ〜リと乗せられており、 非常に濃厚です。 ピザの生地は薄くてカリカリのタイプ、これも管理人好みです。 他にもミックスピザとか色々あったような気がしますが、マルゲリータで大正解でした。

「骨付き鶏のだん家焼き」

先程も骨付き鶏を頂きましたが、今度はその辛いバージョンをご注文しました。 肉の周りの汁を見ると、なんだかオレンジ色をしてて見るからに辛そうですよ。 先程の「旨辛焼き」のほうは食感がコリコリした親鳥でしたが、 こちらの「だん家焼き」は肉質が柔らかいので、ひな鶏なんですね、きっと。 そういえば「旨辛焼き」は肉を切るのにハサミを使っていましたが、今回のは普通にナイフで簡単に切れました。 

さてお味の方ですが、こ〜れ〜は〜辛い! 最初はあまり感じなかったのですが、途中から辛さ爆発で舌がシビれてきましたよ。 ただ慣れてくると気持ち良くなってくる・・・(危ない) とくにビールを呑みながらだと、 辛さが和らいで、逆に辛さが旨味に変わっていくような気がします。 これ病みつきになるかも^^





〜お 店 情 報〜

「 だん家 FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店 」