カリーすなっく ベンガル

こちらのお店は京浜急行電鉄の横須賀中央駅から徒歩5分のところにあるカレー屋さんです。 実はこのお店は管理人が高校生の頃(30年前)によくご来店していた店なんですよ。 本当に懐かしいお店です。 横須賀でカレーと言うと 「海軍カレー」が有名ですが、管理人が横須賀に在住していた頃はまだ「海軍カレー」なんてものはなく、カレーと言ったら「ベンガル」でした。 お店のHPを見てみますとなんと1971年からやっているんだそうですよ。  管理人が生まれた次の年ですよ! ということはお店は45年目! 多分この近辺では最古のお店ではないでしょうか!

お店は横須賀中央駅の改札を出て、海側に向かって徒歩5分位。 この周辺は表通りには普通のハンバーガー屋やラーメン屋等が並んでいますが、少し路地に入ると飲み屋などが多く建ち並んでいます。 昼間はひっそりとしていますが、 夜になると電飾ピカピカで賑やかになります。 ベンガルは表通りから1本奥に入った通りにあります。 大昔はベンガルの横に「金星劇場」という大人の映画館があり、管理人の高校生のときはちょっと近寄るには勇気が必要な エリアでしたが、現在は金星劇場もなくなっており、普通に誰でも行き来できるようになっておりました。

メニューのほうですが、「カレー」を「カリー」と表現しているところがおしゃれです。 カレールーの種類はポーク、ビーフ、チキン、ドライカレー等があり、お好みでトッピングをしていきます。 トッピングはウィンナーの焼いた やつや目玉焼き、ホタテ、エビなどのシーフード、しめじ、がぼちゃ、ナスなどの野菜、他にもチーズやハンバーグもトッピングできます。 それぞれルーの種類によって、甘口、中辛、辛口がありますが、ルーによっては甘口がないとか 中辛がないなど違いがありますのでご注意ください。 カレーのルーは昔ながらのお母さんのカレーに近い感じで、スパイシーさは控えめです。 古き良き時代のカレー・・・もといカリーを是非ご賞味ください。



お店の外観

厨房の様子




〜2016.09.07追加〜
今日も横須賀中央にやってきました〜。 今日は会社が終わってすぐに横須賀の病院に向かいました。 病院からの帰り。。。病院を出たのが遅かったので、このまま横須賀中央で食事をしていくことにしました。  もちろん今日もベンガルのカリーです! 今日はお嫁さんと一緒にご来店です〜^^

今日は何を食そうかずっと迷ってました。 管理人はジャーマンエッグポークをご注文することが99%なので、他のメニューをご注文したい気持ちもあったし、でもやっぱりジャーマンエッグポークを食したい気持ちも あったし・・・ ちなみにジャーマンエッグポーク以外で気になっているのは「エビ・ホタテカリー」「ドライカリー」なんです。 でも今日はお嫁さんが「エビ・ホタテカリー」をご注文したので、これは除外。。。  う〜ん、そうだっ! 今日はルーの種類を変えてみよう! ということで、今日は「ポーク」ではなく「ビーフ」のカリーに挑戦してみることにしました。

「ジャーマンエッグビーフ(辛口)」

こちらが初注文(?)「ジャーマンエッグビーフ(辛口)」です! 見た目は前回食した「ジャーマンエッグポーク(辛口)」と同じですね。 まぁルーの種類が「ポーク」から「ビーフ」に変わっただけですし、 ソーセージと卵焼きが乗っかっているので、見た目にはあまり変わりません。 そうそう、ポークは辛さの種類が「甘口」と「辛口」だったのに対して、ビーフのほうは「中辛」と「辛口」になりますのでご注意ください。

まずはルーとご飯を合わせて一口・・・ うん、まいう〜! ルーの辛さは同じ「辛口」でもポークよりビーフのほうが辛いような気がします。 マイルドな味わいのポークに比べ、スパイシーさが強いような 感じですね。 といっても過度に辛い訳ではなく、ごく普通のカレー屋さんの辛口と同じです。 またポークのほうは肉が溶けてしまいあまり肉自体の食感を感じることはないのですが、ビーフのほうは 柔らかく煮込まれた牛肉がゴロゴロしています。 肉はスプーンでいじるとホロホロと崩れる位柔らかく、かつ肉としての歯ごたえも残っている理想的なビーフです。 こりゃ〜まいう〜ですね!  次回からはビーフカリーもローテーションの一つとして仲間入りです!
「エビ・ホタテカリー(中辛)」

こちらはお嫁さんがご注文した「エビ・ホタテカリー」です。 こちらは「中辛」と「辛口」からチョイスできます。 一見しますと、大きく違うのは丸皿に盛られてくるということ。 楕円形の皿と丸皿の 使い分けはどのようになっているのか気になりますね〜。

こちらの「エビ・ホタテカリー」は目の前で作っていたのですが調理法は至って簡単。 カレールーを鍋に入れ、その中にエビとホタテを投入してしばし煮込むだけ。 最後に何かの液体を加えていました。  もしかしたら、これはエビ・ホタテのエキスなのかもしれません。

エビは結構ゴロゴロ入っていましたよ。 尻尾も入っていたので、いちいち取り除くのが面倒臭そうです。 管理人はエビの尻尾もバリバリ食する人種なので全然気になりませんが、お嫁さんは尻尾を取り除いてから 食する人種なので結構大変そうでした。 手も汚れるからね。。。 またホタテのほうはエビに比べてサイズが小さく、直径は1.5cm位しかありませんでした。 またルーの味は普通のカレールーに魚介系の味が 混ざっており、シーフードカレーのような味になっています。 カレーに魚介って結構合いますね。 かなりまいう〜です。 あと辛さは今回は「中辛」でしたが、辛いカレーが苦手なお嫁さんでもまいう〜に 頂けるということで、こちらも中辛ではありますがお子様でもいけそうな感じですね。





〜2016.08.27追加〜
最近横須賀中央に頻繁に訪れており、横須賀中央で食事をとることも増えました。 横須賀に実家があったり、釣りに行ったりもしますので久里浜方面や走水方面にはよく行くのですが、横須賀中央にこんなに頻繁に来るのは もう15年以上ぶりだと思います。 3週間前位に来たときは昔と比べて街並みも随分変わっていたので、まいう〜料理が食せる店なども分からず、普通にハンバーガーチェーン店で食事を済ませていたんですよ。  でも丁度ハンバーガーチェーン店から病院に向かう際に違う道を使ったところ、懐かしいベンガルのお店を発見したのです!! もうそれからベンガルのカレーを食したくて食したくてしょうがなくて、今日やっとご来店する ことができました。

今日は妹とご来店しました。 看板は新しくなっていましたが、30年前とほぼ変わらず。 店内の雰囲気も昔のままです。 本当にここだけと時が止まっていたのでは!?と思う位昔のままです。 店員さんも30年前と 同じ方のような気も・・・ コップも同じだし、ミニサラダの器も同じような気がしますし、スプーンとフォークを紙で巻いてあるのも昔のままです。 早くカレー喰いて〜!

「ミニサラダ」

こちらのミニサラダはどのカレーをご注文しても必ずついてきます。 このサラダ、ケンタッキーフライドチキンにあるコールスローと同じですね。 キャベツやニンジンなどの野菜を千切にして、それをマヨネーズで和えたものです。  もう30年ぶりなので味も覚えていなかったのですが、一口ミニサラダを食してみると・・・ おおお〜〜〜! 昔の記憶が蘇ってきました! そうそう、この味ですよ!! 本当に懐かしい〜 そして超まいう〜!
「ジャーマンエッグポーク(辛口)」

管理人がご注文したのはこちら! 「ジャーマン・エッグ・ポーク(辛口)」です。 管理人が高校生だった頃はほぼ99%このメニューをご注文していました。 メニュー名にある「ジャーマン」はウィンナーを焼いたやつのことで、 「エッグ」は文字通り玉子なんですが、これは目玉焼きとゆで玉子を選べます。 管理人は目玉焼きを選択しました。 最後の「ポーク」がポークカリーを表しています。

ご注文から約10分位してカレーが到着しました! う〜ん、外見も昔のままですよ。 まずはカレーとご飯を一口・・・ わお〜超まいう〜! カレーの味も全く変わっていないような気がします! 管理人は辛口をご注文しましたが、 そんなに辛くはありません。 もしかしたらかなり辛いカレーがお好みの方には物足りないと思いますが、このカレーに過剰な辛さを求めてはいけません! 昔ながらのお母さんのカレーのような優しい味を楽しまなければっ!  トッピングの目玉焼きは半熟なんですが、昔から管理人は、黄身を割ってカレーと混ぜて食するのがマイルールとなっておりまして、今回もやってみましたが、もう最高〜! もうたまらん!
「ジャーマンエッグポーク(甘口)」

こちらは妹がご注文した「ジャーマン・エッグ・ポーク(甘口)」です。 見た目は全く同じですね。 甘口も辛口もカレールーの色はあまり変わらないようです。 妹は辛い食べ物は苦手で、外でカレーを食する機会もあまりない とのことでしたが、甘口であれば全然大丈夫とのこと。 これならば小さいお子さんがいても安心だと思います。

いや〜今日は本当に高校生の頃が蘇ったようなそんな感覚になりましたよ。 久々に高校生の頃を思い出しました^^


〜 お 店 情 報 〜
「カリーすなっく ベンガル」