馬  酔  木

今回ご紹介するのは、トンカツ屋さんです。 こちらのお店は神奈川県のトンカツランキングでは常に上位に君臨する有名店。 しかも自宅から結構近い! ということで以前からマークしていたのですが、料金がちょっと お高いこと、お嫁さんがそんなにトンカツ好きではないことから、もう2〜3年スルーしておりました。 食べログで「神奈川 トンカツ」で検索すると、3.54で16位(2016.12.21現在)。 でも1位と16位の点数の差は ほんの0.06。 神奈川県はトンカツのレベル高いんですね〜。

お店は横浜市営地下鉄グリーンラインの「都筑ふれあいの丘」駅から徒歩10分弱。 お店は閑静な住宅地の中にポツンとあります。 こんな静かでオシャレな住宅地にトンカツ屋がホントにあるの?? という感じでしたが、 トンカツ屋さんもオシャレな出で立ちをしているので、全然違和感がありません。 店の前には駐車場が完備されており、最大4台を停めることができます。 かなり混雑する店のようですので、ご来店の際は予約をして いったほうが良いでしょう。 お店の外観はなにやら洋風のレストランのよう。 看板もアーティスティックですよ〜。 ドアを開けて店内に入ると、なんとオシャレ! 白い壁に濃い色のテーブル! 高級レストランの ようですよ。 店員さんの教育もしっかり行きとどいており、皆さま非常に丁寧な接客です。

メニューのほうはイチオシはロースカツorヒレカツのようです。 それぞれグラム数を3段階に調整でき、それに応じて値段も変わっていきます。 またトンカツだけでなくミックスフライ定食もありましたよ。 結構色々な ものを揚げてくれているようです。 一部「牛カツ」というのも写真に載っていましたが、これは前日に予約が必要なんだって!? しかもお値段4,000円也〜。 でもすんごい美味そうに見えました。 こだわりは 肉だけでなく、調味料や小皿にも見受けられます。 どれを食してもホントにまいう〜! こんな店がこんなに近くにあるなんて〜。 今まで損してました>_<



お店の外観

お店の看板

店内の様子

メニュー




〜2016.12.18追加〜
よ〜〜〜やく馬酔木にご来店できました。 最近周辺のお店に行きつくしてしまった感があり、どこかに初めての店でもないかな〜と思いを巡らしていたら、ふっとこの店のことを思い出しました。 冒頭にも書きかましたが、ちょっと お値段が高めなので普段はあまり候補に入らないのですが、そういえば冬のボーナスでたばかり・・・ 行きますか! ってことで事前に食べログやお店のHPを確認してみると、見るからに美味そう〜〜〜!  これは期待せずにはいられません!

「調味料(ソース)」

テーブルには調味料が置かれていますが、ご注文の品が到着すると、更に調味料が追加されます。 デフォルトで置いてあるのはソースやドレッシング。 ソースは甘口と辛口の2種類が用意されています。 どちらのソースも トンカツにかけて頂くと旨味が増して非常にまいう〜なソースですね〜。 お好みでお好きなほうを使ってもよし、色々な味を楽しみたい方は、使い分けても良いと思います。

またキャベツにはドレッシングをかけて頂くのがお勧めです。 こちらのドレッシングは多分市販の物ではなく、オリジナルなのではないでしょうか。 少しだけ酸味のあるまいう〜和風ドレッシングです。 なにやら まだトンカツが出てきていないのに、期待が増していきます。
「調味料(岩塩)」

なんとソースが2種類あるのに、更に塩も出てきました。 こちらの塩はパキスタンで採れた岩塩を使用しているんだそうです。 容器が3つありますが、1つは岩塩のみの容器、もう1つは岩塩に七味(?)をまぜたもの。  更にもう1種類は・・・忘れました>_< でも塩が3種類もあるってのも珍しいですよね。 この容器は自分でグルグル回して塩を砕いていくタイプなのですが、あまり塩が細かくなりすぎないのでいい感じ。  この塩はもちろん塩味なのですが、どこかほんのりと甘味のようなものも感じるんですね〜。
「小皿」

トンカツがお出ましになる少し前に、小皿とキャベツを出してくれます。 小皿には豆腐のようなものとお漬物。 この豆腐のようなものは「みねおか豆腐」というんだそうですよ。 しかも豆腐ってくらいだから大豆で作られて いるのかと思ったら、原料は生クリームと牛乳なんだそうですよ。 食感は確かにとてもクリーミー。 この豆腐は自家製なんだそうですが、どうやったらこんな豆腐が出来上がるのでしょう。 この豆腐の皿の底には薄口 醤油が張られていて、この醤油のおかげで和風な雰囲気になっていますが、もしかしたらこれがイチゴジャム等をかけたら、洋風なデザートにも早変わりしそうな感じです。 いやいやこれはビックリです。
「キャベツ」

キャベツは、大皿に盛られて出てきます。 普通のキャベツの千切りの上に、紫キャベツの千切りも少し乗っています。 こちらのキャベツはお代わり自由だそうです。 管理人は無類の千切りキャベツ好きなので、今日も キャベツをお代わりさせて頂きましたm(_ _)m 先ほどご紹介したドレッシングを振りかけて一口。 そして甘口ソースをかけて一口、辛口ソースをかけて一口。。。 う〜ん、どれもまいう〜! お嫁さんに食べさせる まもなくキャベツを完食! キャベツお代わりください〜^^
「ご飯&味噌汁」

こちらがご飯と味噌汁です。 ご飯は一杯だけお代わりできるそうです。 女性の方ですとこのご飯一杯で丁度よいくらいの量だと思うのですが、男性だと少し足りないかも。 特に今日は管理人は一番大きいトンカツを頼んでしまったので、 一杯では全然足りず・・・ 久々にお代わりしてしまいました〜。

味噌汁もマイルドな味付けでトンカツを引き立ててくれているような感じですよ。 多分これはお代わりできないんだと思うのですが、もうホントに美味しい味噌汁なので、これもお代わりしたいですよ。
「ロースカツ200g」

こちらは管理人がご注文した「ロースカツ定食200g」です。 なんという存在感でしょう! 所も色は若干薄めです。 真ん中の切り身を横に倒してみると、ほんのりピンク色をしています。 そういえばメニューにも 「当店のトンカツはピンク色の状態でお出ししています」と書かれていたような。 もう完全に管理人好みですよ。 しかもさすが200gだけあって、厚みも抜群! 肉の端のほうだけに脂身があるタイプの肉ではなく、 脂身と肉が交互にあるタイプ。 これは非常に良いお肉のような気がしますよ。

管理人はあまりトンカツは詳しくないのですが、食べログのコメント等を見ると、「高温系」「中低温系」など揚げるときの温度と思われる記載をよく見ます。 こちらのお店のは「中低温系」のようですね。  なんとなく高温で揚げるとカリッとしてサクサクって感じになって、中低温で揚げるとジュワっとジューシーってイメージがあるんですが、あってます???
「ロースカツ断面アーップ!」

まずは真ん中の切り身を一口。 おお〜まいう〜! 超ジューシーです! 調味料を何もつけないで頂きましたが、下味がしっかりついているためか、全然このままで行けますよ。 肉は想像以上にジューシーです。  こんなに厚みがあるのに歯が必要ないくらい柔らかいんです。 やはり低温でじっくり揚げているからなんでしょうか。 このピンクの揚げ加減は最高ですね! そして揚げ方もそうですが、肉の味がまいう〜ですね〜。  脂身と肉の比率が3:7位でまさに管理人好み! 2切れ目からは、甘口ソース、辛口ソース、醤油、岩塩など試してみましたが、う〜ん、甲乙つけがたい! どれもまいう〜です。 管理人は元々醤油好きなので、 僅差で醤油の勝ち〜。 

そうそうご飯もお代わりが1杯まではできますよ。 肉がデカかったので管理人もお代わりしました。 この肉はご飯にも合うな〜〜〜〜^^
「ミックスフライ定食」

こちらはお嫁さんがご注文したミックスフライ定食です。 お皿の上には、エビフライ、ヒレカツ、カニ爪クリームコロッケが乗っていました。 ちなみにミックスフライ定食をご注文すると、エビフライとヒレカツは固定 なのですが、あとのもう一品はカニ爪クリームコロッケとあと何だったか忘れてしまいましたが、もう1品とどちらか好きなほうを選べるというシステムになっていました。 多分日によって変わるのではないかと思います。 

エビフライとカニ爪クリームコロッケを少しもらいましたが、エビフライがまいう〜なのはもちろんなんですが、このカニ爪クリームコロッケは相当にまいう〜ですよ。 ベシャメルソースにカニの旨味がこれでもかってくらい 凝縮されています。 しっかりカニの身も入っており、これあけでも3つくらい食したいと思ってしまう位まいう〜でした。
「コーヒー」

ランチタイムですと、コーヒーが付いてきます。 お嫁さんはホットコーヒー、管理人はアイスコーヒーです。 アイスコーヒーはグラスに一杯なので個人的には少し少ないですが、サービスですから文句言わないの!  でも食後にコーヒー頂くと満足感が増大しますね〜。 あ〜落ち着く〜


〜 お 店 情 報 〜
「馬  酔  木」